スタッフ紹介

ページタイトル画像

鶴岡信栄

Tsuruoka Nobuhide医員 医学博士

所属

千葉大学医学部附属病院 周産期母性科

学歴・職歴

千葉大学医学部卒業(2000)
千葉大学大学院医学薬学府博士課程入学(2002)
千葉大学大学院医学薬学府博士課程卒業(2006)
医学博士(2006)
千葉大学医学部附属病院助手(2007)

電子メール

nobutsuruoka(ここにアットマーク)faculty.chiba-u.jp

専門分野

周産期医学,免疫学

研究課題

妊娠高血圧腎症発症機構の解明
体細胞突然変異導入機構の解明

研究業績

主な論文

  1. Saito T, Kitayama D, Sakamoto A, Tsuruoka N, Arima M, Hatano M, Miyazaki M, Tokuhisa T. Effective collaboration between IL-4 and IL-21 on B cell activation. Immunobiology. 2008;213(7):545-55.
  2. 2. Tsuruoka, N., Arima, M., Arguni, E., Saito, T., Kitayama, D., Sakamoto, A., Hatano, M., and Tokuhisa, T. Bcl6 is required for the IL-4-mediated rescue of the B cells from apoptosis induced by IL-21. Immunol. Lett. 2007 Jun 15;110(2):145-51.
  3. 3.
    Eggi Arguni , Masafumi Arima , Nobuhide Tsuruoka , Akemi Sakamoto , Masahiko Hatano , Takeshi Tokuhisa, JunD/AP-1 and STAT3 are the major enhancer molecules for high Bcl6 expression in germinal center B cells. Int Immunol. 2006 Jul;18(7):1079-89.
  4. 4.
    Takeda N, Arima M, Tsuruoka N, Okada S, Hatano M, Sakamoto A, Kohno Y, Tokuhisa T. Bcl6 is a transcriptional repressor for the IL-18 gene. J Immunol. 2003 ; 171 :426-31.
  5. 5.
    鶴岡信栄, 胚中心 B 細胞の分化,臨床免疫・アレルギー科 2008.2;49(2); 133-139
  6. 6. 鶴岡信栄 免疫グロブリン遺伝子体細胞突然変異の制御機構 臨床免疫・アレルギー科 46(6)
  7. 7. 鶴岡信栄、徳久剛史 抗体遺伝子Sμ領域の体細胞突然変異導入におけるBcl6の制御機能 Molecular Medicine 41巻臨増: 278-285
  8. 8. 鶴岡信栄、池田和則、大川玲子 クラミジア感染症に対するアジスロマイシンの使用経験 産婦人科の実際、52(3):393-395
  9. 9. 鶴岡信栄、清水久美子、飯塚美徳、土井茂治、長田久夫 麻酔分娩を試みた高位脊髄損傷合併妊娠の一例 分娩と麻酔 82:14-16

全ての論文

所属学会

日本産科婦人科学会(専門医)
日本周産期・新生児医学会(周産期(母体・胎児)専門医)
日本免疫学会

招待講演等

大学病院における緊急帝王切開“30分ルール”への挑戦
第28回 周産期・新生児医学会 周産期シンポジウム、2010年
Bcl6 protects the Ig class-switch region from somatic hypermutation in germinal center B cells
第34回日本免疫学会総会学術集会、2004年

ひとこと

“病気を診ずして、病人を診よ“ ということが実践できているか、常に自分を俯瞰しつつやっていけたらと思ってます。