専門診療

ページタイトル画像

血液腫瘍

診療

小児医療の進歩で、入院が必要となるお子様はすくなりつつありますが、悪性疾患では、いまだに長期間の入院と強力な治療が必要です。血液腫瘍グループでは、そのような腫瘍性疾患と血液疾患全般を担当しています。小児科・小児外科・放射線治療医・放射線診断医・病理診断医からなる小児腫瘍チームによる治療が行われています。また病気の部位によっては耳鼻咽喉科・脳外科などと緊密に連携を取りながら治療をおこなっています。
また、ボランティアグループ、ミルフィーユ小児がんフロンティアーズ、院内学級(仁戸名特別支援学校)教師と共同で患児と家族のQOLの向上に努めています。

対象疾患

  1. 白血病・悪性リンパ腫などの血液腫瘍
  2. 再生不良性貧血・骨髄異形成症候群などの骨髄不全症候群
  3. 神経芽腫・横紋筋肉腫・ユーイング肉腫・脳腫瘍など小児固形腫瘍
  4. ランゲルハンス細胞組織球症
  5. 血球貪食症候群
  6. 血友病
  7. 好中球減少症、貧血などの血液疾患
  8. 特発性血小板減少性紫斑病などの出血性疾患
  9. 造血幹細胞移植

診療している疾患と関連情報

主要対象疾患

メンバー

名 前役 職専門医・指導医・学位
日野 もえ子 助教 小児科専門医、日本血液学会認定専門医、
小児血液・がん専門医、医学博士
力石 浩志 助教 小児科専門医、血液学会認定専門医、医学博士
山下 喜晴 医員 小児血液腫瘍疾患
岡田 玲緒奈 医員 小児科専門医