3大学の各施設の強みを生かした病理医・法医の研究医育成を行います。

Concept

 本プログラムの目的は、①病理・法医学を志す医師の育成強化、地域医療への貢献として②市中病院で専門医を取得して診療に従事している医師を対象とする社会人大学院の拡充、そして③臨床各科の専門医と基礎医学への進路を希望する医師を対象に専門医取得のサポートを行って、研究と地域医療の両面から医師不足解消に貢献することです。このため、千葉・群馬・山梨の三大学連携によって病理・法医学研究医育成のプラットフォームを整備し、教育イノベーションハブの構築を行います。

 本プログラムを履修いただくことのメリットは、病理・法医学研究医プログラム修了者のキャリアパスの明確化にあります。このため同プログラムでは、病理・法医学研究医の礎となる基礎と臨床医学の知識および先端技術の取得、基礎医学の成果を臨床へトランスレーションする際のリーダーとして必要なすべてを学べる体制を提供いたします。例えば、教育イノベーションハブは病理・法医学研究医の育成に必要な人的・物的リソースの共有を行いますので、各大学とその関連病院や部局をこえたOn the Job-Trainingを経験し、実践に即した知識と経験を取得することができます。これに加え、三大学の連携により確保する「修了者の希望に合うポジション」により、病理医・法医としてのキャリアスタートを支援いたします。

 このように、病理・法医学研究医としての実力を培う環境整備と、終了後のキャリアパスを明確にした病理医・法医育成のプログラムを開始いたしますので、ご参加をお待ちいたしております。

病理・法医学教育のイノベーションハブの構築

各施設の強みを生かした病理医・法医の育成体制

群馬大学
  • 卒前卒後のMD-PhDス法医学AIセンター
  • 県内の関連病院を網羅した病理診断科研修プログラム
  • 世界的な脳腫編病理の研究施設
  • 教育研究支援センター
  • 未来先滴研究機構オミックス医学研究プログラム
千葉大学
  • 豊富な症例数
  • OJTと修了後の候補地(市中病院)のバリエーション
  • 法医学教育研究センター
  • 千葉大学フロンテイア医工学研究センター
  • 先端病理解析技術
山梨大学
  • 病理・法医学連携による双方向教育プログラム
  • 学部生からの病理・法医学研究者早期養成
  • 全学的CPCでの剖検症例検討
  • 脳神経系病理への専門性の高さ
  • 陳旧・変性・微量試科からの病原体検出および個人識別技術

List

Newsお知らせ一覧へ

Symposiumシンポジウム一覧へ