ページタイトル画像

お知らせ

2022年7月25日更新

千葉県におけるパリビズマブ投与について【第3報】

千葉県におけるRS ウイルス感染症流行予測とパリビズマブ投与について

 




第223回 9月合同地方会

・2022年9月11日(日) 【事前登録必須】
事前にMicrosoft Teams アプリをダウンロードいただき、アカウントを作成することを推奨します。

事前登録:参加希望の場合は事前登録が必要です。事前登録用のURLは後日発送されるプログラムをご覧ください。
第223回に関しては、参加費1,000円がかかります。(医学部学生、初期研修医は無料)
※プログラムが届かない場合は、会費未納の可能性がございますので、2022年9月2日(金)までに千葉地方会事務局の担当者宛t-murooka(ここにアットマーク)chiba-u.jpにご連絡ください。

・年会費:会場での徴収はありません。
・会場 : 千葉大学医学部附属病院ガーネットホール
      Microsoft Teams ハイブリッド開催
      ※COVID-19の流行状況に大きな変化がなければ、ガーネットホールとオンラインのハイブリット開催といたします。

・託児所:感染予防対策のため設置しません。
・接続テスト:事前参加登録の完了が必須です。
下記日程で接続テストを行います。アクセスに不安のある方や、Web参加の演者の方々は、下記接続テストに可能な限りご参加いただき、ネット環境・画面共有等お試しください。
2022年8月31日(水) 17:00~17:30
2022年9月2日(金) 17:00~17:30

・シンポジウム「小児のCOVID-19、その現在地と小児診療に与えたインパクト」
1)千葉県小児のコロナ気道感染症の全体像と、県内の情報共有システムを使った対応 
石原 唯史(順天堂大学医学部附属浦安病院救急診療科)
2)小児の重症コロナウイルス感染症とMIS-C 
安川 久美(東京女子医科大学八千代医療センター小児集中治療科)
3)コロナ禍におけるワクチンや感染症  
多屋 馨子(神奈川県衛生研究所所長)
4)COVID-19パンデミック下の小児プライマリケア診療とコロナワクチン接種への対応 玉井 和人(玉井こどもクリニック、千葉市医師会)
※新専門医制度【ⅲ小児科領域講習単位】 申請中。
※【ⅳ B学術集会の参加単位】は、会場参加者に発行いたします。

第224回 千葉地方会

第225回 千葉地方会

第226回 2023年9月合同地方会


事務局からのお知らせ

1.参加の方々に

2.演者の方々に

注1.発表直前の提出あるいは原稿の変更は対応できません。ご協力願います。
注2.ムービーのデータは、映写できないことがあります。ご注意願います。
注3.アニメーションの設定は必要最小限にして下さい。
注4.スライドショーの設定は、自動スライドショーにしないようお願いします。
注5.USBフラッシュメモリーがコンピュータウイルスに感染していないことを事前にご確認ねがいます。

3.演題申し込みについて

演題は常時受け付けております。

※第213回地方会より一次抄録の文字制限を200字とし、修正のある場合のみ地方会終了後に二次抄録をご提出いただくことになりました。

タイトル、所属名・演者名、200字以内の抄録をつけて下さい。所属名と演者名の記載形式は上記記載の二次抄録と同様の形式でお願いします。
なお1例報告の共同演者は10名以内としてください。

例)過去3年間における川崎病IVIG不応例の臨床像
亥鼻大学大学院小児病態学1)、千葉市立川崎病院小児科2)、いなげこどもクリニック3)

千葉太郎1)、亥鼻 健2)、西千葉次郎2)、稲毛慎太郎3)、東 亮2)

201X~201Y年に経験した川崎病は54例であり、IVIg不応例が12例であった。IVIG不応例は男児が優位に多かった。群馬スコアの陽性率、感度、特異度は、IVIG有効群と無効群において40%vs79%、55%vs67%、45%vs69%(p<0.1)であった。IVIG不応例には追加治療としてIVIG単独が4例、IVIG+PSL 5例、IVIG+CyA 3例行われ、2例に冠動脈の拡張を認めた。(197字)

以下のカテゴリーから、希望分野の選択(最大第3希望まで)の指定をお願いします。

1.新生児・未熟児、2.遺伝先天異常、3.内分泌・代謝、4.感染症、
5.免疫・アレルギー・膠原病、6.呼吸器、7.消化器、8.循環器、
9.血液・腫瘍、10.腎・尿路系、11.神経、12.救急、13.保健

電子メールでお申し込みください。電子メールでお送りいただいた場合には受領の返信をご確認ください。3日以内(土日祝日含まず)に返信がない場合は再度ご連絡ください。
※年末年始・GW等の大型連休中の演題申込は、連休明けから3日以内の返信をお待ちください。

演題送付先

一般演題の演者(発表者)は、千葉地方会の会員であることが必要です。未入会の方は、入会手続きをおとりください(学会・事務局秘書宛 電話 043-226-2144)。

事務局

日本小児科学会千葉地方会

〒260-8670
千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉大学大学院医学研究院 小児病態学内
電話:043-226-2144(直通)
FAX:043-226-2145