第9 回プラズマ医療・健康産業シンポジウム、文部科学省「基礎研究医養成活性化プログラム/病理・法医学教育イノベーションハブの構築」シンポジウム、合同開催のご案内


霜寒の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

この度、「基礎研究医養成活性化プログラム/病理・法医学教育イノベーションハブの構築」では、文科省・科研費新学術領域研究「プラズマ医療科学の創成」、プラズマ医療健康産業フォーラムとの共催によりシンポジウムを開催させていただきますこと、ご案内申し上げます。

なお本プログラムは、下記にお示しいたします特別企画 1/特別講演/特別企画2より、3部構成にて開催させていただく予定です。


【特別企画 1】では、「医療機器国際基準認証学の教育と未来」と題します講演プログラムを、日本病理学会理事で大阪大学大学院医学系研究科 病態病理学講座 教授の森井 英一先生と、千葉大学大学院医学研究院・医療機器国際基準認証学 客員教授 榊田 創先生の司会により行う予定でございます。

【特別講演】では、医療におけるイメージング・画像診断の重要性と開発展開をテーマに、関西医科大学 海堀 昌樹准教授と株式会社島津製作所 北村 圭司様をお迎えし、それぞれ「蛍光手術イメージングの臨床における現状と課題」、「MRI装置との融合を目指した可搬型PET装置の開発」と題するご講演をいただきます。

【特別企画 2】では、「プラズマ技術が拓く新しい診断・治療、創薬の未来」と題します講演プログラムを、日本消化器病学会理事・日本消化器内視鏡学会理事/帝京大学医学部 教授の一瀬 雅夫 先生、大阪大学アトミックデザイン研究センター 教授の浜口先生の司会によりお届けする予定でございます。

病理学・法医学を含む医科学分野への応用が今後ますます期待される最先端かつ多分野の研究成果を一度に学べるよう、プログラムを構成させていただきました。

ご多忙な折の開催となり申し訳ございませんが、お時間が許すようでございましたら、ご参加を検討いただきますと幸いに存じます。


池原 譲

2017年12月1日 更新


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日時: 2017年12月21日 (木) 13:00~18:00

会場: 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館11階 〒135-0064 東京都江東区青海2-4-7 (ゆりかもめテレコムセンター駅前)

参加申し込み:ホームページより参加登録をお願いします(登録定員80名)。
https://staff.aist.go.jp/yuzuru-ikehara/plasma9.html

主催: 国立研究開発法人産業技術総合研究所「プラズマ医療・健康産業フォーラム」、文部科学省「基礎研究医養成活性化プログラム 病理・法医学教育イノベーションハブの構築」

お問い合わせ: 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 シンポジウム事務局
TEL:029-862-6406
Email:plasma-med-ml@aist.go.jp

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第9回 プラズマ医療・健康産業シンポジウム
■文部科学省「基礎研究医養成活性化プログラム 病理・法医学教育イノベーションハブの構築」シンポジウム
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【プログラム内容】

13:00-13:05  開催挨拶/プラズマ医療・健康産業フォーラム事務局      

池原 譲 (産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門)


(Ⅰ)プラズマ医療健康産業フォーラム特別企画1: 医療機器国際基準認証学の教育
と未来

司会:森井 英一(日本病理学会理事/大阪大学大学院医学系研究科 病態病理学講
座 教授)

13:05-13:20 「医学における基準認証学と病理学」             
池原 譲 (千葉大学大学院医学研究院 腫瘍病理学) 

13:20-13:40 「戦略的国際規格作成より学ぶ1:プラズマ止血デバイスの規格化
(仮)」 
榊田 創 (産業技術総合研究所 電子光技術研究部門)    

司会:榊田 創(千葉大学大学院医学研究院 医療機器国際基準認証学 客員教
授) 

13:40-14:00 「戦略的国際規格作成より学ぶ2:炭素繊維ナノチューブ(仮)」 
岡崎 俊也 (産業技術総合研究所 ナノチューブ実用化研究センター)  

14:00-14:30 「最近の国際標準化の動向(仮)」  
藤代 尚武 (経済産業省 産業技術環境局 国際標準課長)  


14:30-14:50    休  憩  (20分)


(Ⅱ) 特別講演

司会:松原 久裕(千葉大学大学院医学研究院 先端応用外科 教授、日本外科学
会理事)         

14:50-15:25 「蛍光手術イメージングの臨床における現状と課題」 
海堀 昌樹(関西医科大学 外科学講座) 

司会:岡崎 俊也(千葉大学大学院医学研究院 医療機器国際基準認証学 客員教
授)  

15:25-16:05 「MRI装置との融合を目指した可搬型PET装置の開発」     
北村 圭司 (株式会社島津製作所 基盤技術研究所)


16:05-16:15 休  憩  (10分)


(Ⅲ)プラズマ医療健康産業フォーラム特別企画2: プラズマ技術が拓く新しい診
断・治療、創薬の未来

司会:一瀬 雅夫(日本消化器病学会理事、日本消化器内視鏡学会理事/帝京大学
医学部 教授)

16:15-16:20  「イントロダクション」  
池原 譲 (産業技術総合研究所 電子光技術研究部門) 

16:20-16:40  「プラズマ工学の新たな進化:組織・細胞・生体分子の加工と制
御をめざして」 
池原 譲 (千葉大学大学院医学研究院 腫瘍病理学) 

16:40-17:00  「AMED糖鎖創薬標的探索プロジェクトから-遺伝子改変レクチンを
使用した新たな創薬標的の創製」               
山本 一夫 (東京大学大学院 新領域創成科学研究科)

司会:浜口 智志(大阪大学アトミックデザイン研究センター 教授)

17:00-17:20  「プラズマ滅菌の可能性と未来(仮)」
清水 鉄司 (産業技術総合研究所 電子光技術研究部門)  

17:20-17:30  総括・閉会挨拶              
浜口 智志 (大阪大学アトミックデザイン研究センター)

17:30-18:00  名刺交換