教育について

ページタイトル画像

教育について

千葉大学大学院医学研究院小児病態学、医学部附属病院小児科の教育活動

医師の生涯教育を実践します。初期研修、小児科専攻医研修では、子どもの標準的な疾患に自信をもって診療できる知識と技術を学んでもらえるような教育をします。前向きな気持ちで、それ以降、医療に活躍できる人材を輩出します。

医師6年目以降も進歩する医学を学ぶ姿勢と、自立して歩める医師教育をしたいと考えています。特に6年目以降の学ぶ環境を充実しており、小児科の中の7専門領域と大学院を用意しています。

専門を学んだ後、もういちど子どもの総合医療の視点にもどって診療していただきます。子どもはすべての器官が十分に機能して発達します。専門領域に分化しすぎると、多くのお子さんを十分に診療することはできません。

仕事と家庭を両立しながら、生涯学んでゆく姿勢を身につけていただくこと、これが千葉大学小児科のめざす教育です。

小児科医療の中は多彩、総合医療である

edu_about_01.png

小児医療の4本の柱

edu_about_02.png

千葉大では7専門班が総合医療を実践

edu_about_03.png

7領域以外もあなたのビジョンを支援します。

edu_about_04.png

千葉大小児科の卒後教育

edu_about_05.png

専攻医プログラム概略

edu_about_07.png

専攻医プログラム(令和4年)

edu_about_06.png

外病院の間、密にフォローします

edu_about_08.png

専門班決めは1年半時に限りません

edu_about_09.png

ポスト後期研修の目標

edu_about_10.png

大学院・サブスペ研修

edu_about_11.png

行ったり来たりして継続してキャリアを積む

edu_about_12.png

千葉大小児科の小児専門医育成の理念

edu_about_13.png


見学・入局のご相談

医局長 高谷 具純

TEL:043-222-7171(病院代表)
e-mail:shoni(ここにアットマーク)office.chiba-u.jp

もしくは、お問い合わせより