専門班・研究について

ページタイトル画像

専門班・研究について

千葉大学大学院医学研究院小児病態学、医学部附属病院小児科の研究活動

難治性疾患の治療法開発や予防に関わる研究を行っています。腸内細菌の調節によるアレルギー疾患や感染症の予防研究、出生前から13歳までの全成育期を経過観察する環境省のエコチル調査の千葉ユニットとして出生コホートの膨大なデータを生かした予防や病気発症に関する研究、小児の血管炎である川崎病の治療研究などで世界をリードしています。

下記、7領域の研究をごらんください。

小児医療の中で、原因や治療法がわかっていない疾患が多くあります。患者さんの困りから発する医学研究に取り組む方を募集しています。医師、大学院生の応募をお待ちしています。

各専門班の診療・研究活動

循環器

research_about_01.png

新生児

research_about_02.png

内分泌

research_about_03.png

血液

research_about_04.png

感染

research_about_05.png

神経

research_about_06.png

免疫

research_about_07.png