診療について

ページタイトル画像

診療目標

「こども達の味方です。お子さんとご家族が安心し、納得できる医療を提供します」 つらさ、くるしさを言葉に出せない子どもにかわって代弁できるよう、子どもの人権と意思を尊重した医療を行います。ご家族への情報提供をしっかり行い、納得した医療を提供します。

千葉大学病院の「こどもの権利」

  1. ひとりの人間として、思いやりのある医療をうけることができます。
  2. 最も良い、安全な医療をうけることができます。
  3. 病気のことや病気を治してゆく方法を、一人一人にあわせた言葉や絵などを使って、病院スタッフから説明をうけることができます。
  4. わからないことや心配なことがあるときは、いつでも病院スタッフに話をすることができます。
  5. 他の人に知られたくないことは秘密にできます。
  6. 自分の体のことは、自分で決めることができます。
  7. 入院しても、勉強したり遊んだりすることができます。

複合的な障がいを持つお子さん、慢性疾患のお子さん、重症なお子さん、難治性疾患のお子さんの全人的医療を行っています。「すべては目の前の子どものために」、これを合い言葉として総合医療を提供します。

難治性疾患に対して、新しい治療や医療を開発しています。標準治療では治療の難しい患者さんと保護者の皆さん、このような医療を行う為には皆さんの理解と協力が不可欠です。保護者の立場にたって安全を十分担保した上で協力をお願いします。診療の場でしっかり説明しますのでご協力をお願いいたします。

よりよい医療を提供している施設がある場合、転院を勧めることもあります。また、ご自分が他の医療機関の意見を聞いてみたい場合(セカンドオピニオン)、遠慮なくおっしゃって下さい。お子さんが最善の医療をうけられるようにいたします。

小児科長 濱田洋通