教室紹介

ページタイトル画像

千葉大産婦人科入局案内

後期研修を今年度で終了される先生方へ

千葉大学産婦人科入局のご案内です。

 

先生方には、後期研修を終えた後、どのように自分のキャリアを形成していくか、色々と考え始めているところだと思います。

その中で、「医局」ってなんだろう?とお考えの先生もいらっしゃるかもしれません。こちらのご案内をお読みいただき、是非前向きにお考えください。

千葉大産婦人科の医局では、多くの先生が、様々な分野で、色々な立場で活躍しています。一緒に千葉県の産婦人科医療を盛り上げていきましょう!

 

 ○関連病院

医局としての関連病院は、後期研修中の連携施設とは一部異なります。(

関連病院にもそれぞれ特色があります。勤務先については、どのような医師をめざしてどのようなスキルを身につけるのかといった自分自身のキャリアに関すること、家庭の事情など、個人によって優先したい事項が異なりますので、相談しながら決めていきます。

医局に属する先生が、妊娠・出産や、病気療養、その他色々な事情で、一時的に休業が必要となった場合、医局がサポートするシステムとなっています。また、復帰後の勤務に関しても、相談に応じます。

 

○サブスペシャリティの研修

後期研修を終え、まずは産婦人科専門医試験を受けていただくことになりますが、その次のステップとして、サブスペシャリティの研修をご希望の先生も多いと思います。

千葉大学医学部附属病院では、ほぼすべてのサブスペシャリティ研修を行うことが可能で、周産期専門医(母体・胎児)、婦人科腫瘍専門医、生殖医療専門医、女性ヘルスケア専門医、臨床遺伝専門医、超音波専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、内分泌代謝科専門医(産婦人科)、内視鏡技術認定医、などの取得が可能です。もちろん、大学だけでなく、関連病院もサブスペシャリティの研修ができる施設が複数あります。

大学病院、関連病院での取得可能な主な専門医については表をご参照ください。(関連病院で取得可能な専門医は今後増えていくと予想しています。)

麻酔科研修や新生児研修なども可能です。

 

○研究・学位取得、留学

これまで多くの患者さんにかかわってきた中で、臨床的な疑問を持ったこと、あるいは、診断や治療に難渋して悔しい思いをしたことが、1度や2度、ありませんでしたか?研究のスキルを身につけることで、(今すぐではなくても)いつかそんな疑問を解決することができるかもしれません。研究には、基礎研究、臨床研究がありますが、大学病院ではどちらも並行して進められています。

学位取得を考えている先生は、現状のシステムでは、(必ずしも必須ではありませんが)大学院への進学が近道です。

また、国内外問わず、最先端の医学(基礎医学、臨床医学)を勉強するための留学を希望される場合、医局がバックアップいたします。留学から戻ったら、他の医局員に、是非留学の成果を共有していただきたいと思います

興味がある先生は、ご相談ください。

 

○たくさんの仲間たち

 医局には多くの先生が所属しています。臨床、研究、教育、様々な分野で、多くの先生が、色々な立場で活躍しています。ご家庭と仕事の両立をして頑張っている先生もたくさんいます。

 多くの先輩方、同級生、後輩たちとのつながりは、今後医師として働くにあたって、必ずプラスになります。千葉大産婦人科の仲間たちは、私たち医局員の自慢です。

たくさんの仲間たちがいることの良さを、実感していただけると思います。

 

上記のように、医局に所属していただくことは、多くの先生方にとってプラスになると思います。

一方で、医局に所属していただくことで責任も生じます。

千葉大学産婦人科の医局は、千葉県内の産婦人科医療について、長年、責任をもって取り組んできました。

県内の患者さんに必要な医療を提供するために、医局員の先生方には、ご希望とは違う病院への異動をお願いすることもあります。(その場合は、翌年以降の異動でバランスをとるようにこころがけています。)医局員の先生方から、少しずつ力をもらって、みんなで千葉県の医療を支えていますので、新しく入局される先生方にもご協力をお願いします。

 

 千葉大学産婦人科医局についてのご説明させていただきました。

 より身近な先輩にお話を聞いてみていただいても、医局の雰囲気がわかっていただけると思います。

 ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 皆様の入局をお待ちしています!

 一緒に千葉県の産婦人科医療を盛り上げていきましょう!

 

 

               産婦人科 教授 生水 真紀夫

               (連絡先)医局長 井上万里子 

                  sanfujinka(ここにアットマーク)office.chiba-u.jp