研究・業績

ページタイトル画像

学会発表

特別講演・シンポジウム

1. 9th International Podocyte Conference(2012年4月24日), 「Dendrin location in podocytes is associated with disease progression in animal and human glomerulopathy」, Miami(in English)

2. 第86回日本薬理学会年会(2013年3月21日), シンポジウム6podocytologyがひらく新しい慢性腎臓病治療戦略「The structure and function of kidney podocytes」, 福岡(in English)

3. 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会(2015年3月21日), シンポジウム 「Frontier of the structural and functional investigation of the kidney」 The role of podocyte injury in progression to glomerulosclerosis, 神戸(in English)

4. 第3回医学の最前線を学ぶ会(東北大学)(2012年2月24日) 「ポドサイトの基礎研究から臨床応用へ」, 仙台

5. 第55回日本糖尿病学会年次学術集会(2012年5月18日), シンポジウム「糖尿病腎症の成因 up date」 「糖尿病腎症進展における糸球体足細胞(ポドサイト)の役割」, 横浜

6. 第55回日本腎臓学会学術集会(2012年6月3日), シンポジウム 話し合う腎臓:ネフロンセグメント間あるいは周辺細胞とのクロストーク「ポドサイトと糸球体構成細胞のクロストーク」, 横浜

7. Renal Transplantation Forum 2012 (2012年9月1日),「腎障害におけるポドサイトの役割」,東京コンファレンスセンター・品川

8. 第8回腎と免疫くずりゅうセミナー研究会(福井大学)(2013年3月1日) 「ポドサイト障害に対する検査と創薬の試み」,福井

9. 第55回日本腎臓学会学術総会(2013年5月10日), シンポジウム「蛋白尿とPodocyte Biology」S-1-4 Podocyteのオートファジーと蛋白尿のcell biology, 東京

10. 第330回順天堂医学会学術集会(2013年5月18日),「医学研究のUP-TO-DATE」腎糸球体足細胞(ポドサイト)障害から糸球体硬化への進展機序の解明, 東京

11. 京都大学・内分泌・代謝内科 臨床病態医科学セミナー(2013年5月24日),ポドサイト障害とアクチン骨格, 京都

12. 第14回東京腎炎・ネフローゼ研究会(2013年7月6日), ネフローゼ症候群におけるポドサイト障害と糸球体硬化, 東京・経団連会館

13. 田辺三菱製薬株式会社・戸田研究所セミナー(2013年7月18日), ポドサイト障害とアクチン骨格,埼玉・戸田研究所

14. 京都大学大学院医学研究科・医療疫学分野セミナー(2013年8月27日), ポドサイト障害に対する新規検査法の開発の試み, 京都

15.第57回日本腎臓学会学術総会(2014年7月6日) ワークショップ 糸球体疾患の最近の進歩、ポドサイト研究の最前線, パシフィコ横浜、横浜

16. 第34回関西腎不全研究会(京都大学)(2015年2月15日), 腎障害とポドサイト,阪急ターミナルビル、大阪

17. 第58回日本腎臓学会学術総会(2015年6月6日)シンポジウム2腎臓領域の基礎研究の現在と未来、ポドサイト研究の現在と未来, 名古屋

18. 第45回日本腎臓学会東部学術大会(2015年10月3日)よくわかるシリーズ12ネフローゼ症候群の分子メカニズム、東京ミッドタウン、東京

19. 第22回Sendai Renal Research Seminar (2016年3月11日),Lecture II ポドサイト障害のメカニズムの解明、アークホテル仙台、仙台

20. 第11回弥彦ポドサイトセミナー(2016年3月12日), 特別講演 ポドサイト障害とスリット膜関連タンパクDendrinの核移行、コープシティー花園 ガレッソホール、新潟

21. 和歌山県立医科大学 先端医学研究所 遺伝子制御学研究部セミナー(2016年3月18日)、「腎糸球体足細胞(ポドサイト)障害の分子メカニズム」和歌山県立医科大学、和歌山

22. 城南腎臓セミナー2016(2016年5月10日)、講演:「ポドサイト障害メカニズム解明から創薬は可能か?」八芳園、東京

23.KSN’2018 The 38th Annual Meeting of the Korean  Society of Nephrology(2018年5月18日)Symposium「Pathogenesis of Kidney Disease in Diabetes and Obesity」The role of slit-diaphragm associated protein MAGI-2 in progression of CKD,Seoul Korea

 

一般発表

国際学会

1. Rin Asao, Katsuhiko Asanuma, Fumiko Kodama, Miyuki Akiba-Takagi, Yoshiko Nagai-Hosoe, Takuto Seki, Yukihiko Takeda, Isao Ohsawa, Satoshi Mano, Kiyoshi Matsuoka, Hiroyuki Kurosawa, Shinya Ogasawara, Yoshiaki Hirayama, Satoshi, Sakari Sekine, Satoshi Horikoshi, Masanori Hara, Yasuhiko Tomino. Relationship between Urinary Podocalyxin Level and Histological Activity in Patients with IgA Nephropathy. The 9th international podocyte conference, 2012, April 23, Miami.

2. Yoshiko Nagai-Hosoe, Katsuhiko Asanuma, Kanae Nonaka, Takuto Seki, Rin Asao, Eriko Tanaka, Lawrence B. Holzman, Ryuichi Nisahinakamuraand Yasuhiko Tomino  The role of Sall1, indispensable protein for kidney development, in podocytes under physiological and pathological conditions. 9th International Podocyte Conference, 2012. April 24, Miami

3. Rin Asao, Katsuhiko Asanuma, Fumiko Kodama, Miyuki Akiba-Takagi, Yoshiko Nagai-Hosoe, Eriko Tanaka, Juan Alejandro Oliva Trejo,Tauto Seki, Kanae Nonaka, Yu Sasaki, Teruo Hidaka, Lawrence B. Holzman, and Yasuhiko Tomino. Rac1 in podocytes protects glomeruli against the formation of sclerosis. ASN Annual Meeting, 2013. November 8, Atlanta.

4. Shinichi Makino,Naritoshi Shirata,Juan Alejandro Oliva Trejo,Kanae Yamamoto-Nonaka,Motoko Yanagita,Katsuhiko Asanuma.FR-OR113 Dysfunction of proteasome in podocytes results in chronic kidney disease.ASN KIDNEY WEEK 2017(2017.11.3 New Orleans)

5. Hiroyuki Yamada,Shinichi Makino,Miyake Takafumi,Motoko Yanagita,Katsuhiko Asanuma.Advanced optical clearing protocols could enable fine analysis of glomerulus three-dimensionally with confocal microscopy. ASN Kidney Week, 2018.10.25 (San Diego, USA)

 

国内学会

6. 田中絵里子、淺沼克彦、関卓人、野中香苗、浅尾りん、細江佳子、高木美幸、水谷修紀、八木田秀雄、富野康日己.ポドサイト障害におけるNotch再活性化とreceptor特異的糸球体硬化抑制機能の検討. 第55回日本腎臓学会学術総会(2012年6月1日)横浜

7. 田中絵里子、淺沼克彦、児玉史子、高木美幸、日高輝夫、Peter Mundel, 水谷修紀、富野康日己.  RIL(Reversion-Induced LIM protein)のポドサイトにおける機能の検討. 第57回日本腎臓学会学術総会(2014年7月6日)パシフィコ横浜、横浜

8. 関 卓人, 淺沼克彦, 浅尾 りん, 細江 佳子, 野中 香苗, 佐々木 有, 黒澤 寛之, 平山 吉朗, 原 正則, 富野 康日己. IgA腎症における尿中ポドカリキシン値の検討. 第111回日本内科学会講演会(2014年4月13日)東京

9. Wan Juan, 淺沼 克彦, 日高 輝夫, 佐々木 有, 田中 絵里子, 高木-秋葉 美幸, 富野 康日己. RGS and FOSL-1 were identified molecules related to podocyte injury induced by Adriamycin. 第58回日本腎臓学会学術総会(2015年6月7日)名古屋

10. 淺沼克彦, Jeong Kyoung Hwan, Lydia Aida, 高木 美幸, 浅尾 りん, 淺沼 悦子, 富野 康日己. TelmisartanとOxacalcitriolの組み合わせ投与は、マウスアドリアマイシン腎症の進行を抑制する. 第38回日本高血圧学会総会(2015年10月10日)松山

11. 白田成俊,伊原寛一郎,柳田素子,西森克彦,淺沼克彦.ポドサイト障害促進因子dendrinの核移行メカニズムの解明. 第59回日本腎臓学会学術総会(2016年6月19日)横浜

12. 山本香苗,淺沼克彦,小池正人,高木美幸,Pliva Trejo JA, 関卓人,日高輝夫,市村浩一郎,坂井建雄,上野隆,内山安男,富野康日己.ポドサイトにおけるカテプシンDの病態生理的役割.第59回日本腎臓学会学術総会(2016年6月17日)横浜

13. 若林華恵,服部憲幸,石井祐行,並木陸,小林美智彦,山根慎滋,淺沼克彦,織田成人.免疫吸着療法による骨髄由来免疫抑制細胞(Myeloid-derived suppressor cwlls;MDSC)の増加を確認し得た抗MOG抗体陽性視神経炎の一例.日本アフェレシス学会(2017年10月21日 浦安) 

14. Shinichi Makino,Naritoshi Shirata,Juan Alejandro Oliva Trejo,Kanae Yamamoto-Nonaka,Motoko Yanagita,Katsuhiko Asanuma. 1P-0178 The role of ubiquitin-proteasome system in podocytes. 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) (2017.12.6 Kobe )

15.Shinichi Makino、Naritoshi Shirata、Juan Alejandro Oliva Trejo、Kanae Yamamoto-Nonaka、Motoko Yanagita、Katsuhiko Asanuma. P-069 The role of ubiquitin-proteasome system in podocytes. ISN FRONTIER 2018) (2018.2.23 Tokyo )

16.若林華恵,服部憲幸,鵜沢顕之,織田成人.Immunoadsorption plasmapheresis increases myeloid-derived suppressor cells(MDSCs).ISN frontier2018(2018年2月24日新宿京王プラザホテル) 

17.牧野慎市、白田成俊、Juan Alejandro Oliva Trejo、山本-野中香苗、柳田素子、淺沼克彦 講演2-5 ポドサイトにおけるユビキチン・プロテアソームの役割 第2回ポドサイト研究会(2018.3.3 新潟 コープシティー花園ガレッソホール)

18.Hiroyuki Yamada,Shinichi Makino,Takafumi Miyake,Motoko Yanagida Katsuhiko Asanuma.Optical clearing methods could visualize fine structure of podocyte and glomerulus three-dimensionally.第61回日本腎臓学会(2018年6月8日)新潟

19.Shinichi Makino,Juan Alejandro Oliva Trejo,Kanae Yamamoto-Nonaka,Motoko Yanagida Katsuhiko Asanuma.Dysfunction of proteasome in podocytes results in chronic kidney disease.第61回日本腎臓学会(2018年6月8日)新潟

20.久賓彩乃,白土公,日高輝夫,淺沼克彦,鈴木祐介.PAN腎症ラットにおけるカテプシンLとその生体内阻害印紙であるシスタチンBとシスタチンCの発現.第61回日本腎臓学会(2018年6月8日)新潟

21.小沢将太,柳田素子,森 潔,淺沼克彦,林和幸,大橋寛嗣,梶尾信之,仲川孝彦.セリンプロテアーゼMatriptaseは腎臓機能低下に寄与する.第61回日本腎臓学会(2018年6月8日)新潟