教育・研修案内

ページタイトル画像

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ1: 画像診断医より

画像診断のスキルを上げるには、どのようなことが必要でしょうか。第一に、多くの症例を経験することが絶対に必要です。千葉大学では、千葉県620万人の診療を広く請け負っており、症例数・疾患のバリエーションに極めて恵まれています。関連病院では、一般的な疾患を数多く学べることはもちろん、小児病院で小児疾患などのサブスペシャルティを高めるような研修が可能です。また、専門医取得後には留学をし、さらに経験を深めるという道もあります。もしかしたら、他大学出身の方は、「千葉大学には各診療科に画像グループがいて、放射線科はその他の画像しか読んでいない」という話を聞くことがあったかもしれません。それは大分過去の話であることを念の為確認しておきます。現在は全科から読影依頼を受け、連携を取っています。
第二に、自らが行った診断に対する正しいフィードバックが必要です。当科では、診断専門医以前に書いたレポートは、全件診断専門医がダブルチェックをし、マンツーマンでフィードバックを行っています。診断専門医以上は全員、何かしらのサブスペシャルティを持っており、各診療科とのカンファレンスを担当していますので、レベルの高いフィードバックを受けることができます。また、カンファレンスを通じて診療科との良好な関係を築いており、各科からのフィードバックも受けることもできます。若手の時分から、書いた読影レポートに対して、臨床医から直接PHSに問い合わせが来ることを経験するのではと思います。また、昼休みの時間を利用し、症例カンファレンスを行っています。上級医が若手に対して問題を出すような形式を取っており、人前で一見の画像を読影し、所見を言語化し、鑑別を挙げ、最も確からしい診断を下すためのトレーニングの場としています。
第三に、自ら学習をすることです。画像診断の魅力は、外科手術などとは異なり、経験を共有できることです。放射線科医では、多施設で症例を持ち寄り、症例検討を行う会が多数存在します。東京都内から千葉県内、平日・休日問わず行われています。これらの会に、千葉大学は参加しやすい立地にあり、積極的に参加することを推奨しています。千葉大学から毎月のように必ず症例を出すようにしている検討会が複数あり、他施設の放射線科医と共にスキルを高め合っています。他施設との交流の中で、放射線科医としての自らを見つめ直す良い機会にもなっていると思われます。
近年では、研究活動も積極的に行うようになっています。国内はもちろん、海外学会での発表も推奨しています。大学院を通じて学位取得を目指す際には、論文作成を含めて、経験ある上級医が指導を行っています。また、治療部門や他科との共同研究も積極的に推し進めています。研究活動を通じて、撮像された画像を受動的に読影するだけでなく、能動的に診断に必要な情報を提供するスキルを高められると考えています。昨今では、人工知能関係のプロジェクトを複数手がけており、放射線科医がどのように人工知能を利用していくかについて、示唆を深めようとしています。
これらの日常を通じて、レベルの高い放射線科医が、千葉大学では育っています。安心して、千葉大学での研修をご検討下さい。皆様と一緒に働ける日を楽しみにしております。


先輩からのメッセージ2: 放射線治療医より

放射線治療ときいてどのようなイメージがあるでしょうか。がん治療の三本柱の一つと言われても、実際にどのようなものかなかなか想像つかない方も多いのではと思います。では、放射線治療医がどんな仕事をしているか。なおさらわかりにくいかもしれません。

放射線治療医と聞くと放射線の当て方をコンピュータ上でひたすら計算する仕事と思われるかもしれませんし、実際にそういう側面もあります。しかし放射線治療医に必要なのは患者を実際に診察し、正しく病変の範囲を判断し、病態や患者の状態に合わせた適切な治療計画を考える力です。千葉大では耳鼻科診察や婦人科診察など指導医に教えてもらいながら身につけていくことができます。また、画像診断部との距離も近く、画像所見で迷うような時も非常に心強いです。そして、治療が始まった後も外来診療を通じて治療効果や有害事象を評価しさらに方針を検討したり、今後の治療に役立てています。

大学病院は各診療科が非常に充実しているのが特徴です。そのため、放射線治療を行う症例数も多く疾患の種類も多岐に渡ります。適切な治療方針を検討し完遂できるように各診療科と放射線科が協力して行なっています。これを読んでいる方の中には、いろいろな科の先生と意見を交わすのは大変かと思う方もいるかもしれません。でも実際に放射線治療に真面目に取り組んでいけばそれも苦ではなくなるでしょう。放射線治療にはすぐ詳しくなり、呼吸器科の先生よりも消化器のがんについて詳しく、消化器外科の先生よりも肺がんに詳しくといったようになります。これはがんそのものの性質を知るには非常に有用ですし、高齢化で多重がんの多くなっている現代において強みになります。放射線治療はかなり専門的な仕事ですが、各科にとらわれず様々な疾患を通じて患者と向き合いたいという方には魅力的な仕事だと思います。

また、小線源治療も盛んに行なっています。非常に強力で有効な治療であり実際に行なってみるとその効果を実感できると思います。当院でも重要視しています。とはいえ実際の治療風景はさらにイメージしにくいかもしれません。是非一度見学に来られるのも良いでしょう。

放射線治療を実際に行なっている施設は少なく、専門医に必要な様々な経験を得られる施設はさらに限られてきます。その点は心配ありません。放射線腫瘍医を目指すみなさんにとって充実した研修ができることは、実際に初めてすぐ実感できると思います。

放射線治療は、一昔前は痛みに苦しむ患者の緩和治療が中心でした。現在もその重要性は変わりませんが、放射線治療機器の発展とともにがんそのものを照射し根治を目指す根治照射の割合も大きくなっています。放射線治療中の患者を診察し腫瘍が小さくなっていくのを診ると非常にやりがいを感じます。昨今は化学療法や手術も大きく発展し、がん治療そのものが大きく進歩しています。それによって放射線治療の重要性が損なわれるかというと全くそんなことはありません。従来では諦めてしまっていたような進行期症例、難治性症例、再発症例でも長期的な予後を考えながら、放射線科医と各科の診療医が意見を交えて、様々な観点から治療戦略を立てる機会も年々増しているように感じます。

放射線治療医としてあなたといっしょにがん治療について、放射線治療について考えながら仕事ができる日を楽しみにしています。