研究業績

ページタイトル画像

総説

英文総説

Nakajima H. Recent advances in eosinophil-related diseases. Allergol Int. 2019;68:401-402.

Furuta S, Iwamoto T, Nakajima H. Update on eosinophilic granulomatosis with polyangiitis.  Allergol Int. 2019;68:430-436.

Ito T, Hirose K, Nakajima H. Bidirectional roles of IL-22 in the pathogenesis of allergic airway inflammation. Allergol Int. 2019;68(1):4-8.

Nakajima H. Preface to the proceedings of the Workshop on Eosinophils in Allergy and Related Diseases. Allergol Int. 2018;67S:S1-S2.

Nakajima H, Nakae S. Introduction: Allergy Special Issue. Int Immunol. 2018;30(9):387-389.

Takatori H, Makita S, Ito T, Matsuki A, Nakajima H. Regulatory Mechanisms of IL-33-ST2-Mediated Allergic Inflammation. Front Immunol. 2018;9:2004.

Hirose K, Ito T, Nakajima H. Roles of IL-22 in allergic airway inflammation in mice and humans. Int Immunol. 2018;30(9):413-418.

Hirose K, Iwata A, Tamachi T, Nakajima H. Allergic airway inflammation: key players beyond the Th2 cell pathway. Immunol Rev. 2017;278(1):145-161.

Suzuki K, Meguro K, Nakagomi D, Nakajima H. Roles of alternatively activated M2 macrophages in allergic contact dermatitis. Allergol Int. 2017;66(3):392-397.

Hirose K, Ito T, Nakajima H. Role of Dectin-1 in allergic airway inflammation. Crit Rev Immunol. 2017;37(1):15-21.

Terslev L, Iagnocco A, Bruyn GAW, Naredo E, Vojinovic J, Collado P, Damjanov N, Filer A, Filippou G, Finzel S, Gandjbakhch F, Ikeda K, Keen HI, Kortekaas MC, Magni-Manzoni S, Ohrndorf S, Pineda C, Ravagnani V, Richards B, Sahbudin I, Schmidt WA, Siddle HJ, Stoenoiu MS, Szkudlarek M, Tzaribachev N, D'Agostino MA, Group OU. The OMERACT Ultrasound Group: A Report from the OMERACT 2016 Meeting and Perspectives. J Rheumatol. 2017;44(11):1740-3.

Iwamoto T, Niewold TB. Genetics of human lupus nephritis. Clin Immunol. 2016 Sep 28. [Epub ahead of print]

Murphy TL, Grajales-Reyes GE, Wu X, Tussiwand R, Briseño CG, Iwata A, Kretzer NM, Durai V, Murphy KM. Transcriptional control of dendritic cell development. Annu Rev Immunol, 2016;34:93-119.

Nakagomi D, Jayne D. Outcome assessment in Takayasu arteritis. Rheumatology (Oxford). 2016;55(7):1159-71.

Bruyn GA, Naredo E, Iagnocco A, Balint PV, Backhaus M, Gandjbakhch F, Gutierrez M, Filer A, Finzel S, Ikeda K, Kaeley GS, Magni Manzoni S, Ohrndorf S, Pineda C, Richards B, Roth J, Schmidt WA, Terslev L, D'Agostino MA. The OMERACT Ultrasound Working Group 10 Years On: Update at OMERACT 12. J Rheumatol. 2015;42(11):2172-6.

Meguro K, Suzuki K, Nakajima H. Reply to letter to the editor. Arthritis Rheumatol. 2015 Nov 25.

Suto A, Tanaka S, Nakajima H. Sox5 and Th17 cell differentiation. Oncotarget. 2015;6(24):19952-3.

Takatori H, Kawashima H, Suzuki K,Nakajima H. Role of p53 in Systemic Autoimmune Diseases. Critical Reviews in Immunology, 2014;34(6):509-516.

Sanayama Y, Ikeda K, Yamagata M, Furuta S, Ohara O, Nakajima H. The quest to search for biomarkers in rheumatoid arthritis. Arthritis Rheumatol. 2014;66(12):3524-5.

Takahashi K, Taniguchi M, Fukutomi Y, Sekiya K, Watai K, Mitsui C, Tanimoto H, Oshikata C, Tsuburai T, Tsurikisawa N, Minoguchi K, Nakajima H, Akiyama K. Oral mite anaphylaxis caused by mite-contaminated okonomiyaki/ pancake-mix in Japan: 8 case reports and a review of 28 reported cases. Allergol Int. 2014;63(1):51-6.

Ikeda K, Koike T, Wakefield R, Emery P. Is the glass half full or half empty? Comment on the article by Gartner et al. Arthritis Rheumatol. 2014;66:1055-6.

Furuta S, Jayne D. Emerging therapies in antineutrophil cytoplasm antibody-associated vasculitis. Curr Opin Rheumatol. 2014;26(1):1-6.

Furuta S, Jayne D. Antineutrophil cytoplasm antibody-associated vasculitis: recent developments. Kidney Int. 2013;84(2):244-9.

Hirose K, Takahashi K, Nakajima H. Role of IL-22 in allergic airway inflammation. J Allergy (Cairo). 2013;2013:260518.

Wakefield RJ, D'Agostino MA, Naredo E, Buch MH, Iagnocco A, Terslev L, Ostergaard M, Backhaus M, Grassi W, Dougados M, Burmester GR, Saleem B, de Miguel E, Estrach C, Ikeda K, Gutierrez M, Thompson R, Balint P, Emery P. After treat-to-target: can a targeted ultrasound initiative improve RA outcomes? Ann Rheum Dis. 2012;71(6):799-803.

Watanabe N, Nakajima H. Coinhibitory molecules in autoimmune diseases. Clin Dev Immunol. 2012;2012:269756.

Nakagomi D, Suzuki K, Nakajima H. Critical roles of IKK subunits in mast cell degranulation. Int Arch Allergy Immunol. 2012;158 Suppl 1:92-5.

Nakajima H, Kawashima S, Tamachi T, Takahashi K, Hirose K. Role of IL-25 in allergic airway inflammation. Inflammation and Regeneration. 2011;31:420-4.

Nakajima H, Hirose K. Role of IL-23 and Th17 cells in airway inflammation in asthma. Immune Netw. 2010;10(1):1-4.

Wakashin H, Hirose K, Iwamoto I, Nakajima H. Role of IL-23-Th17 cell axis in allergic airway inflammation. Int Arch Allergy Immunol. 2009;149 Suppl 1:108-12.

Takatsu K, Nakajima H. IL-5 and Eosinophilia. Curr Opin Immunol. 2008;20:288-94.

Takatori H, Kanno Y, Chen Z, O'Shea JJ. New complexities in helper T cell fate determination and the implications for autoimmune diseases.
Mod Rheumatol. 2008;18:533-41.

Ikeda K, Cox S, Emery P. Aspects of early arthritis. Biological therapy in early arthritis - overtreatment or the way to go? Arthritis Res Ther. 2007;9:211.

Nakajima H, Takatsu K. Role of cytokines in allergic airway inflammation. Int Arch Allergy Immunol. 2007;142:265-73.

Tamachi T, Maezawa Y, Ikeda K, Iwamoto I, Nakajima H. Interleukin 25 in allergic airway inflammation. Int Arch Allergy Immunol. 2006;140:s59-62.

Nakajima H, Suzuki K, Iwamoto I. A lineage-specific negative regulation of STAT-mediated signaling by proteolytic processing. Cytokine Growth Factor Rev. 2003;14:375-80.

Maezawa Y, Nakajima H, Kumano K, Kubo S, Karasuyama H, Iwamoto I. Role of IgE in Th2 cell-mediated allergic inflammation in the airways. Int Arch Allergy Immunol. 2003;131:s2-6.

Nakajima H, Noguchi M, Leonard WJ. Role of the common cytokine receptor γ chain (γc) in thymocyte selection. Immunol Today 2000;21:88-94.

邦文総説

2019年

伊藤崇、廣瀬晃一、中島裕史(2019) IL-22によるアレルギー性気道炎症制御機構 医学のあゆみ

2018年

中島裕史 (2018) メポリズマブ Modern Physician

廣瀬晃一、中島裕史(2018) 気管支喘息における気道上皮細胞/樹状細胞による環境因子認識機構 医学の歩み

古田俊介 (2018) ANCA関連血管炎の地域差 日本臨床 76巻増刊号

岩田有史 (2018) IRF4-BATF複合体と刺激強度依存的遺伝子誘導 医学の歩み

山形美絵子、池田啓、古田俊介、中島裕史 (2018) 胸部CTで診る顕微鏡的多発血管炎の肺病態 日本臨床 76巻増刊号

池田啓 (2018) 特集企画:リウマチ・膠原病の画像診断の進歩 分子リウマチ治療

池田啓(2018) 四肢触診とエコー:エコー所見から学ぶ関節の触れ方 総合診療

池田啓、中島裕史(2018) 網羅的遺伝子発現解析による関節リウマチにおけるトシリズマブ治療の新規バイオマーカーの同定と薬効発現機序の解析 臨床薬理の進歩

2017年

前澤裕子,中島裕史(2017) IL-5の細胞内シグナル伝達 アレルギー・免疫 24:590-595.

中島裕史 (2017) 喘息におけるIL-9の役割 医学のあゆみ

中島裕史 (2017)好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA) 日本内科学会雑誌

池田 啓、斉藤 究 関節エコーがリウマチ診断の迷いを救う 日経メディカルオンライン(2017)http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201701/549916.html

古田俊介 ANCA関連血管炎に対するリツキシマブ~適応症例と使用上の注意点~ リウマチ科(科学評論社)(2017) 57(4):384-8.

池田 啓 関節エコー検査の進歩 Mebio(2017) 34:25-9.

池田 啓 Preclinical rheumatoid arthritis リウマチ科 (2017)57:107-12.

池田 啓関節痛の鑑別における筋骨格超音波検査の活用 内科 (2017)119:297-9.

2016年

中島裕史 獲得免疫-ヘルパーT細胞と制御性T細胞 日本医師会雑誌 (2016) 145 特別号(1) アレルギー疾患のすべて S40-41.

中島裕史 アレルギー性気道炎症.呼吸と循環 (2016) 64:125-131.

目黒和行,中島裕史 アレルギー疾患に対する分子標的治療. 炎症と免疫(2016)24:507-512.

廣瀬晃一,中島裕史 C型レクチン受容体Dectin-2のチリダニ誘発性アレルギー性気道炎症における役割. 臨床免疫・アレルギー科(2016)66:576-582.

中島裕史,廣瀬晃一Th17サイトカインとアレルギー アレルギー・免疫 (2016)23:1506-1512.

池田 啓,岩本 太郎,中島 裕史 画像診断の最新知見 : 関節エコーを用いた生物学的製剤の減量・休薬戦略の可能性.日本臨床 (2016)74:919-923.

中込 大樹,鈴木 浩太郎,中島 裕史 接触皮膚炎におけるM2マクロファージとMMP12の役割 臨床免疫・アレルギー科 (2016)65:452-457.

前澤裕子,中島裕史 IL-5の細胞内シグナル伝達 (2016)836-6

池田 啓 関節エコー評価の落とし穴とは? Keynote RA(2016) 5:46-7.

池田 啓 多発性筋炎/皮膚筋炎における副腎皮質ステロイド減量戦略 Modern Physician (2016)36:384.

古田俊介(2016) 「ANCA関連血管炎-最近の話題・日本人ANCA関連血管炎の特徴」アレルギーの臨床 485:22-25.

2015年

末廣健一、古田俊介(2015) AAVの寛解導入療法と寛解維持療法. リウマチ科 54(6)622-627.

牧田荘平、古田俊介、中島裕史(2015) 分子標的薬による自己免疫疾患治療 アレルギー 64:97-102.

中島裕史、廣瀬晃一(2015) 免疫学の進展と呼吸器領域への臨床応用 呼吸と循環 63(6):511-518.

中島裕史、策愛子、末廣健一(2015) 貴方も名医 反応性関節炎 Clinic Magazine 555(35):68-69.

中島裕史(2015) 抗IL-17療法 臨床免疫・アレルギー科 64:160-163.

池田啓、中島裕史(2015) 関節エコーとバイオマーカーによる薬効評価と薬効予測 炎症と免疫 23:31-36.

中島裕史(2015) アレルゲンコンポーネント検査の有用性 日本医事新報 4766:48.

古田俊介、中島裕史(2015) ANCA関連血管炎に対するリツキシマブによる治療と再発予防 日本医事新報 4769:55.

中島裕史(2015) 新たな喘息の病型の理解と個別化医療への期待 日本医事新報 4773:51.

池田啓、中島裕史(2015) 乾癬性関節炎の本態:付着部炎 日本医事新報 4777:51.

古田俊介、中島裕史(2015) 遺伝性血管性浮腫(HAE)の治療 日本医事新報 4780:50.

池田啓、中島裕史(2015) 関節リウマチの画像診断の進歩 日本医事新報 4783:49.

池田啓(2015) 関節リウマチ診療における関節エコーの有用性 Current Therapy 33:827.

池田啓(2015) リウマチ性疾患の診療における関節エコーの有用性 臨床病理 63:580-9.

池田啓(2015) 関節エコーによる滑膜病変評価の最適化:示指中手指節関節における予備検討 リウマチ科 53:187-94.

古田俊介(2015) ANCA関連血管炎に対するrituximabの効果. リウマチ科53(4):350-354.

末廣健一、古田俊介(2015) リウマチ膠原病治療においてステロイドは必須か・血管炎. 炎症と免疫23(5) 42-46.

2014年

池田啓(2014) 関節リウマチ診療における高感度画像診断の意義 Pharma Medica 32:33-6.

池田啓(2014) 関節リウマチの鑑別診断に有用な症状・身体所見 日本内科学会雑誌103:2407-12.

池田啓(2014) 関節リウマチの早期診断における高感度画像診断の意義 Keynote RA 2:21-5.

池田啓(2014) RA診療における画像診断 Modern Physician 34:878-83.

池田啓(2014) リウマチ性多発筋痛症の診断におけるEULAR/ACR予備分類基準ならびに関節エコーの有用性 臨床リウマチ 26:207-15.

池田啓、古田俊介(2014) RACAT (Rheumatoid Arthritis: Comparison of Active Therapies) 試験 リウマチ科 52:37-44.

池田啓(2014) 関節エコーは疾患活動性の指標としてどこまで役立つか 分子リウマチ治療 7:22-6.

池田啓(2014) 超音波で診る関節リウマチ Arthritis 11:164-9.

池田啓(2014) 運動器疾患の超音波診断 関節リウマチ JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION 23:582-7.

池田啓(2014) リウマチ診療のための関節エコー撮像法ガイドライン 日本臨床 72:710-3.

松村竜太郎、星野東明、杉山隆夫、縄田泰史、海辺剛志、池田啓、北靖彦、李泰鉉、中澤卓也、梅宮恵子(2014) 生物学的製剤使用中の関節リウマチ患者さんは経済面から生物学的製剤の費用,効果をどう評価しているか?臨床リウマチ 26:28-34.

中込大樹、池田啓、中島裕史(2014) 関節超音波検査はACR/EULAR分類基準の正確度を向上させる リウマチ科 51:112-7.

中島裕史(2014) 好酸球増多症 今日の治療指針2014 医学書院 p761-2.

中島裕史(2014) ヘルパーT細胞Up-To-Date 喘息 27(1)14-19.

廣瀬晃一, 中島裕史(2014) 気管支喘息の免疫病態の新展開 呼吸 33(6): 531-537.

玉地智宏、中島裕史(2014) 気管支喘息における新規生物学的製剤開発の可能性を探る IL-25 Respiratory Medical Research 2:164-169.

古田俊介、池田啓(2014) 顕微鏡的多発血管炎:日本と欧州の比較. リウマチ科 52(4) 434-438.

中込大樹、池田啓、中島裕史(2014) 関節超音波検査はACR/EULAR分類基準の正確度を向上させる リウマチ科 51:112-117.

古田俊介、花岡英紀(2014) 関節リウマチとトファシチニブ. リウマチ科 51:83-88.

2013年

中島裕史. 気管支喘息 最新医学 68:1420-1433, 2013.

池田啓,眞山快枝,中込大樹,中島裕史. 関節リウマチにおける単純X線による関節破壊の評価と関節エコーによる滑膜炎の評価 日本臨床71:1185-92, 2013.

池田啓,岩本太郎. 関節リウマチ診療における超音波検査の役割 Progress in Medicine 33:1893-9, 2013

池田啓,山形美絵子. 2012 EULAR/ACRリウマチ性多発筋痛症予備分類基準:その意義と問題点 リウマチ科 50:382-90, 2013.

池田啓,眞山快枝. 関節リウマチの診断と治療における超音波検査の活用 Medical Practice 30:625-33, 2013.

川島沙紀、廣瀬晃一、中島裕史. IL-25とアレルギー 臨床免疫・アレルギー科 60:6-11, 2013.

池田啓、中込大樹、中島裕史. 筋骨格超音波による関節リウマチ診断の精度の向上 MEDIX 58:28-33, 2013.

池田啓,中島裕史. 関節リウマチの治療標的としての制御性T細胞の可能性 リウマチ科49:516-22, 2013.

山本一彦,宮坂信之,中島裕史,清野宏. 座談会:免疫反応をいかに理解し合理的に治療するか 現状と将来 medicina 50:372-83, 2013.

山形美絵子、池田啓、中島裕史. 血管炎におけるIL-17産生ヘルパーT細胞(Th17細胞)の役割 日本臨床71(supp 1):582-7, 2013.

2012年

玉地智宏、中島裕史. アレルギーに対するサイトカイン IL-25 アレルギー・免疫 19:1912-8, 2012.

池田啓. 関節エコーによる関節リウマチの疾患活動性モニタリング リウマチ科 48:509-13, 2012.

池田啓. 関節リウマチ診療において構造的寛解の達成に画像的寛解は必要か? 臨床リウマチ 24:314-9, 2012.

池田啓,山形美絵子. 関節リウマチの超音波画像診断 映像情報メディカル 44:934-7, 2012.

山本一彦,日高利彦,池田啓,平野祐司. 座談会:メトトレキサート(MTX)の適切な使用法 Arthritis. 10:37-49, 2012.

池田啓. リウマチ診療における超音波検査の有用性 新医療 39(5): 102-7, 2012.

池田啓. 全身性エリテマトーデス 検査と技術 40(Suppl.10):1058-64, 2012.

池田啓. 生物学的製剤使用下での画像診断の有用性 最新医学 67:58-63, 2012.

廣瀬晃一、岩田有史. アレルギー疾患モデルマウスと治療薬開発への応用 アレルギー疾患モデルマウス:喘息 アレルギーの臨床 32:807-11, 2012.

中島裕史. -特集によせて- アレルギー疾患における基礎研究と臨床研究の調和 アレルギーの臨床 32:792, 2012.

中島裕史. アレルギー性気道炎症におけるヘルパーT細胞の役割 アレルギーの臨床 32:899-902, 2012.

中島裕史. 加齢による免疫系の変化 アレルギア 41:13-5, 2012.

池田啓、中島裕史. サイトカインのすべて アレルギー 臨床免疫・アレルギー科 57:715-20, 2012.

須藤明、田中繁、中島裕史. サイトカインのすべて IL-24 臨床免疫・アレルギー科 57:160-3, 2012.

中島裕史、鈴木浩太郎. サイトカインのすべて IL-25 臨床免疫・アレルギー科 57:164-8, 2012.

須藤明、中島裕史. IL-21の産生制御と疾患との関わり細胞工学 31:748-50, 2012.

池田啓、中込大樹、中島裕史. 関節リウマチ診療における関節エコーの有用性 治療 94:214-20, 2012.

2011年

池田啓. 高感度画像的寛解の必要性 Monthly Book Orthopaedics. 23:35-9, 2011.

池田啓. 超音波検査法の標準化に向けて 炎症と免疫 19:36-41, 2011.

池田啓. 関節エコーの有用性と課題 分子リウマチ治療 4:1-5, 2011.

池田啓. 関節リウマチ(RA)診療における画像診断の進歩 Rheumatoid Arthritis Trends. 2:6-7, 2011.

池田啓. 関節リウマチ超音波検査の意義と問題点 リウマチ科. 45: 182-90, 2011.

岩田有史、中島裕史. 気管支喘息とサイトカイン アレルギー・免疫 18:320-31, 2011.

須藤明、柏熊大輔、中島裕史. BTLAによる濾胞ヘルパーT細胞の機能制御 臨床免疫・アレルギー科 55;501-6, 2011.

中島裕史. アレルギー性炎症:誘導機構の解明と臨床への展開 生物と化学 49:620-4, 2011.

中島裕史. 気管支喘息に対する抗体治療 医学のあゆみ 特集号 238:701-6, 2011.

中島裕史、若新英史、廣瀬晃一. アレルギーとTh17細胞、鼻アレルギーフロンティア 11:34-40, 2011.

中島裕史、廣瀬晃一. IL-25とTh2型免疫応答 感染・炎症・免疫 41:42-5, 2011.

池田啓、中島裕史. 関節エコー画像の特徴 Mebio 28:70-9, 2011.

2010年

池田啓. 治療強化―Tight Controlの有用性と実践 医学のあゆみ.234:20-3, 2010.

池田啓. 関節エコーの撮像法 日本リウマチ学会NEWS LETTER 27:21, 2010.

池田啓. 関節の画像評価と治療戦略 治療学. 44:26-30, 2010.

池田啓. 関節リウマチにおける関節超音波検査の実際 Monthly Book Orthopaedics. 23:37-44, 2010.

岩本逸夫、永田真、中島裕史. 座談会 アレルギー疾患としての喘息の長期管理 Progress in Medicine 30:845-50, 2010.

須藤明、平松有季子、中島裕史. ヘルパーT細胞の分化とサイトカイ
ン ヘルパーT細胞におけるIL-21産生制御機構 実験医学増刊 28:1904-9, 2010.

中島裕史. 喘息モデルマウス アレルギー学会誌 59:1539-45, 2010.

中島裕史、廣瀬晃一. ヘルパーT細胞とアレルギー性炎症 臨床免疫・アレルギー科 53:498-503, 2010.

廣瀬晃一、若新英史、中島裕史. IL-23-Th17細胞経路とアレルギー性気道炎症 臨床免疫・アレルギー科 53:260-8, 2010.