学生・研修医の方へ

ページタイトル画像

研修内容

 当科では、下図に示す通り、初期研修後に我々の仲間に加わり、2年ほど連携病院で内科全般の後期研修を行った後、大学院に入る人が多いですが、大学院に入らず臨床中心に研修を行う人や、逆に研究中心の人もおり、可能な限り個人の希望に対応しています。

 後期研修を終えてから仲間に加わる人も歓迎します。

 医学生の時から研究をスタートすることも可能です。

 大学院での学位(医学博士)の取得に加え、大学院在学中に、内科認定医、総合内科専門医、アレルギー専門医、リウマチ専門医の取得が可能です。

 以下に実際のケースを何人分か示します。

研修プログラム

モデルケース

A先生(20歳代男性)

1~2年目:千葉大学プログラム (鹿島労災病院+大学)
3~4年目:アレルギー膠原病内科後期研修(松戸市立病院)
5年目~:千葉大学大学院 (現在)

B先生(20歳代男性)

1~2年目:松戸市立病院初期研修 (2年間)
3~4年目:旭中央病院後期研修 (2年間)
5年目~:千葉大学大学院 (現在)

C先生(20歳代男性)

1~3年目:旭中央病院初期研修 (2年間) + 後期研修 (1年間)
4年目:済生会習志野病院後期研修 (1年間)
5年目:千葉大学大学院 (現在)