研究業績

ページタイトル画像

学会発表

国際学会発表

Furuya H, Ikeda K, Miyachi K, Nakamura K, Suzuki K, Furuta S, Tamachi T, Hirose K, Sakagami T, Nakajima H (2019) An important differential diagnosis of SAPHO syndrome:disseminated nontuberculous mycobacterial infection with neutralizing anti-IFNγ autoantibody in apparently immunocompetent patient. 21st APLAR Congress 2019(Brisbane, Australia)

Iwamoto T, Dorschner JM, Jensen MA, Vsetecka D, Amin S, Makol A, Ernste FC, Osborn T, Moder K, Chowdhary V, Niewold TB(2017) High Type I Interferon Activity Is Associated with Active Class Ⅲ/Ⅳ Lupus Nephritis in European-American Lupus Patients Independent of Anti-dsDNA Antibodies. 2017 ACR/ARHP Annual Meeting, San Diego, USA, Arthritis Rheumatol. 2017; 69(suppl 10).

Fogel O, Cantagrel A, Ikeda K, Sève P, Hachulla E, Cimaz R, Sfriso P, Punzi L, Pajot C, Grouteau E, Tellier S, Galeotti C, Grotto S, Sibilia J, Bodaghi B, Touitou I, Miceli-Richard C (2017) Assessment of biotherapies’ efficacy in blau syndrome: data from an international retrospective cohort of 23 cases. European League Against Rheumatism (EULAR) Congress 2017 (Madrid, Spain)

Gono T, Masui K, Kawaguchi Y, Ikeda K, Kawakami A, Tamura M, Tanino Y, Nunokawa T, Kaneko Y, Sato S, Asakawa K, Nishina N, Kuwana M, and JAMI investigators (2017). Combined Evaluation of Myositis-Specific Autoantibodies and Serum Conventional Biomarkers is Useful for Stratification of Prognosis in Polymyositis/Dermatomyositis With Interstitial Lung Disease. American College of Rheumatology (ACR) Annual Meeting (San Diego, USA)

Yamagata M, Ikeda K, Ito T, Kawashima H, Kashiwakuma D, Kagami S, Iwamoto I, Nakagomi D, Sugiyama T, Furuta S, Nakajima H (2017) Treatment responsiveness of lung abnormalities on chest computed tomography in patients with microscopic polyangiitis. The 18th International Vasculitis and ANCA Workshop. March 27th, 2017, Tokyo

Ito T, Hirose K, Goto Y, Kiyono H, Nakajima H (2017) IL-22 induces Reg3γ production from lung epithelial cells and inhibits allergic airway inflammation in house dust mite-induced asthma models. The 5th Annual Meeting of the International Cytokine and Interferon Society (Kanazawa, Japan)

Saku A, Furuta S, Yamagata M, Nakagomi D, Kobayashi Y, Kashiwakuma D, Owada Y, Ikeda K, Kagami S, Hirose K, Watanabe N, Hiraguri M, Umibe T, Kurasawa K, Sugiyama T, Matsumura R, Nakajima H(2017) Risk factors for vasculitis relapse in patients with eosinophilic granulomatosis with polyangiitis. The 18th International Vasculitis and ANCA Workshop. March 27th, 2017, Tokyo

Iwamoto T, Jolly M, Niewold TB(2018). Associations between type 1 interferon and antiphospholipid antibody status differ between ancestral backgrounds. 2016 ACR/ARHP Annual Meeting, Washington DC, USA, Arthritis Rheumatol. 2016; 68(suppl 10).

Yamagata M, Ikeda K, Ito T, Kawashima H, Kashiwakuma D, Kagami S, Iwamoto I, Nakagomi D, Sugiyama T, Furuta S, Nakajima H (2017) Treatment responsiveness of lung abnormalities on chest computed tomography in patients with microscopic polyangiitis. The 18th International Vasculitis and ANCA Workshop. March 27th, 2017, Tokyo

Kageyama T, Iwamoto T, Tanaka S, Suto A, Nakajima H (2016) Role of IL-21 in the development of autoimmune myositis. The International Congress of Immunology 2016 (Melbourne, Australia)

Ito T, Hirose K, Norimoto A, Tamachi T, Yokota M, Saku A, Takatori H, Saijo S, Iwakura Y, Nakajima H(2016) Dectin-1 plays an important role in HDM-induced allergic airway inflammation through the activation of CD11b+ dendritic cells. The International Congress of Immunology 2016 (Melbourne, Australia)

Matsuki A, Takatori H, Makita S, Yokota M, Tamachi T,Suto A, Suzuki K, Hirose K, Nakajima H (2016) T-bet regulates IL-33-induced airway inflammation by suppressing IL-9 production from innate lymphoid cells. The International Congress of Immunology 2016 (Melbourne, Australia)

Kobayashi Y, Ikeda K, Nakamura T, Yamagata M, Nakazawa T, Tanaka S, Furuta S, Umibe T, Nakajima H (2016) Severity and improvement of morning stiffness independently associate with tenosynovitis in patients with rheumatoid arthritis. American College of Rheumatology Annual Meeting(Washington DC, USA)

Mandl P, Filippucci E, Studenic P, Bachta A, Bong D, Bruyn GA, Dejaco C, Delle Sedie A, Duftner C, Gessl I, Hammer HB, Hernandez Diaz C, Iagnocco A, Ikeda D, Kane D, Keen H, Kövári E, Moeller-Doehn U, Naredo E, Nieto JC, Pineda C, Rodriguez A, Schmidt WA, Supp G, Terslev L, Thiele R, Windschall D, D'Agostino MA, Balint PV.(2016) Reliability of a EULAR-OMERACT semiquantitative scoring system for the assessment of cartilage in rheumatoid arthritis. EULAR (European League Against Rheumatism) Congress 2016 (Madrid, Spain)

D. Nakagomi, K. Suzuki, H. Nakajima (2015) M2 Monocyte/Macrophage-Derived MMP12 Plays a Pivotal Role in Contact Hypersensitivity. XXIV World allergy congress (Soul)

D. Nakagomi, S. Furuta, D. Jayne (2015) Development of an outcome measure including imaging for Large Vessel Vasculitis. 17th International Vasculitis & ANCA Workshop (London)

K. Meguro, K. Suzuki, J. Hosokawa, Y. Sanayama, S. Tanaka, S. Furuta, K. Ikeda, H. Takatori, A. Suto, O. Ohara, H. Nakajima (2015) Roles of B Cell Leukemia/Lymphoma 3 in the Development of T Follicular Helper Cells and the Pathogenesis of Rheumatoid Arthritis. EULAR (European League Against Rheumatism) Congress 2015 (Rome, Italy)

M. Yamagata, K. Ikeda, K. Tsushima, K. Iesato, M. Abe, T. Ito, D. Kashiwakuma, I. Iwamoto, D. Nakagomi, T. Sugiyama, S. Furuta, D. Jayne, K. Tatsumi, H. Nakajima (2015) Comprehensive analyses of lung abnormalities on chest computed tomography in patients with microscopic polyangiitis before receiving immunosuppressive treatment. EULAR (European League Against Rheumatism) Congress 2015 (Rome, Italy)

Y. Sanayama, K. Ikeda, Y. Saito, S. Kagami, M.Yamagata, S. Furuta, D. Kashiwakuma, I. Iwamoto, T. Umibe, Y. Nawata, R. Matsumura, T. Sugiyama, M. Sueishi, M. Hiraguri, K. Nonaka, O. Ohara, H. Nakajima. (2014) Prediction of therapeutic responses to tocilizumab in patients with rheumatoid arthritis using biomarkers identified by genome-wide DNA microarray analysis in peripheral blood mononuclear cells. EULAR (European League Against Rheumatism) Congress 2014 (Paris, France)

K. Ikeda, N. Kambe, S. Takei, T. Nakano, Y. Inoue, M. Tomiita, N. Oyake, T. Satoh, T. Yamatou, T. Kubota, I. Okafuji, N. Kanazawa, R. Nishikomori, N. Shimojo, H. Matsue, H. Nakajima. (2014) Detailed anatomical distribution of synovial inflammation revealed by ultrasound in patients with Blau syndrome. American College of Rheumatology Annual Meeting 2014 (Boston, USA)

D. Nakagomi, K. Suzuki, J. Hosokawa, T. Tamachi, H. Takatori, A. Suto, H. Matsue, S. Shimada, H. Nakajima.(2013) SOCS3 expressed in macrophages inhibits contact hypersensitivity by suppressing MMP-12 production.
JSICR-MMCB,Tokyo, Japan

D. Nakagomi, K. Suzuki, H. Matsue, S. Shimada, H. Nakajima.(2013) Therapeutic potential of B and T lymphocyte attenuator expressed on CD8+ T cells for contact hypersensitivity. International Investigative Dermatology2013.Edinburgh

T. Iwamoto, K. Ikeda, J. Hosokawa, M. Yamagata, S. Tanaka, Y. Sanayama, D. Nakagomi, A. Okubo, K. Takahashi, K. Hirose, M. Sueishi, H. Nakajima (2013) Both Gray-scale Synovial Hypertrophy and Synovial Power Doppler Signals on a Comprehensive Ultrasound Scan Are the Predictive Factors of Relapse after Discontinuation of Biological Agents in Patients with Rheumatoid Arthritis. EULAR (European League Against Rheumatism) Congress 2013 (Madrid)

S. Tanaka, K Ikeda, K. Uchiyama, T. Iwamoto, Y. Sanayama, A. Okubo, D. Nakagomi, K. Takahashi, M. Yokota, A. Suto, K. Suzuki, H. Nakajima (2013) [18F] FDG uptake in proximal muscles assessed by PET/CT reflects both global and local muscular inflammation and provides useful information in the management of patients with polymyositis/dermatomyositis. EULAR (European League Against Rheumatism) Congress 2013 (Madrid)

K. Takahashi, S. Kawashima, Y. Niwa, A. Iwata, Y. Kobayashi, S. Kagami, A. Suto, K. Hirose, N. Watanabe, T. Nakayama, H. Nakajima (2012) IL-22 attenuates IL-25 production by lung epithelial cells and inhibits antigen-induced eosinophilic airway inflammation. The American Association of Immunologists, Boston, USA

K. Ikeda, S. Makita, K. Hosokawa, M. Yamagata, D. Nakagomi, H. Nakajima. (2012) Optic neuropathy associated with Churg-Strauss syndrome: a report of two cases. APVAS2012, Tokyo, Japan

D. Nakagomi, K. Ikeda , A. Okubo , T. Iwamoto , Y. Sanayama , K. Takahashi , M. Yamagata , H. Takatori , K. Suzuki , K. Takabayashi , H. Nakajima (2012) Ultrasonographic assessment of synovitis improves the accuracy of 2010 American College of Rheumatology / European League Against Rheumatism Classification Criteria for rheumatoid arthritis to predict development of a methotrexate-requiring disease. Annual European Congress of Rheumatology 2012 (Berlin)

D. Nakagomi, K. Ikeda, A. Okubo, T. Iwamoto, Y. Suzuki, H. Takatori, K. Suzuki, K. Takabayashi, H. Nakajima (2011) The Impact of Ultrasonography on the Classification of Rheumatoid Arthritis with 2010 ACR/EULAR Criteria: Ultrasound-Combined Classification with Two Different Definitions of Gray-Scale Synovitis for Joint Involvement. the American College of Rheumatology 2011,(Chicago)

D. Nakagomi, K. Ikeda, A. Okubo, T. Iwamoto, Y. Suzuki, H. Takatori, K. Suzuki, K. Takabayashi, H. Nakajima (2011) The impact of ultrasonography on the classification of RA with 2010 ACR/EULAR criteria. EULAR (European League Against Rheumatism) Congress 2011 (London)

Kei Ikeda, Daiki Nakagomi, Hirotoshi Kawashima, Kentaro Takahashi, Yukiko Hiramatsu, Masaya Yokota, Daisuke Kashiwakuma, Hiroshi Nakajima (2010) Comparison of ultrasonographic findings with established measures in the evaluation of drug response in rheumatoid arthritis. EULAR (European League Against Rheumatism) Congress 2010, Roma, Italy

N. Watanabe, Y. Oya, K. Ikeda, A. Suto, S. Kagami, K. Hirose, T. Kishimoto, H. Nakajima. Lack of B and T lymphocyte attenuator exacerbates autoimmune Disorders and induces Fas-independent liver injury in MRL-lpr/lpr mice. 14th Internal Congress of Immunology. 2010, Kobe, Japan

S. Kawashima, K. Hirose, K. Takahashi, H. Wakashin, A. Suto, S. Kagami, G. D. Brown, I. Iwamoto, H. Nakajima. Dectin-1 signaling instructs dendritic cells to induce the development of IL-10-producing CD4+ T cells by ICOS- and TGF- -dependent mechanisms. 14th Internal Congress of Immunology. 2010, Kobe, Japan

D. Kashiwakuma, A. Suto, Y. Hiramatsu, K. Ikeda, S. Kagami, K. Hirose, N.Watanabe, I. Iwamoto, H. Nakajima. B and T lymphocyte attenuator suppresses IL-21 production from follicular helper T Cells.

Y. Hiramatsu, A. Suto, D. Kashiwakuma, S. Kagami, K. Ikeda, K. Hirose, N. Watanabe, M. Grusby, I. Iwamoto, H. Nakajima. c-Maf activates the promoter and enhancer of IL-21 gene while TGF-β inhibits c-Maf-induced IL-21 production in CD4+ T cells. 14th Internal Congress of Immunology. 2010, Kobe, Japan

N. Watanabe, Y. Oya, K. Ikeda, A. Suto, S. Kagami, K. Hirose, T. Kishimoto, H. Nakajima. Lack of B and T lymphocyte attenuator exacerbates autoimmune Disorders and induces Fas-independent liver injury in MRL-lpr/lpr mice.14th Internal Congress of Immunology. 2010, Kobe, Japan

K. Suzuki, H. Wakashin, M. Yokota, H. Nakajima The role of STAT4 in mast cells. 14th Internal Congress of Immunology. 2010, Kobe, Japan

K. Suzuki. Role of mast cell IKK/NF-kB pathway in allergic reactions、The 3rd Chiba University Global COE Symposium, Molecular Dynamics of Immune System Regulation. 2009, Chiba, Japan

M. Oki, N. Watanabe, T. Owada, Y. Oya, Y. Seto, H. Nakajima, R. Matsumura, I. Iwamoto, Y. Saito. A functional polymorphism in B and T lymphocyte attenuator is associated with susceptibility to rheumatoid arthritis. AAI annual meeting 2006 Abstract s281.

T. Owada, N. Watanabe, M. Oki, Y. Oya, H. Nakajima, T. Saito, I. Iwamoto, T. L. Murphy, K. M. Murphy, Y. Saito. Activatio-induced accumulation of B and T lymphocyte attenuator to the immunological synapse. AAI annual meeting 2006 Abstract s173.

H. Takatori, H. Nakajima, K. Hirose, S-i. Kagami, T. Tamachi, A. Suto, K. Suzuki, I. Iwamoto. Stat5a plays an indispensable role in Stat6-independent Th2 cell differentiation and allergic airway inflammation. World Allergy Congress 2005 Abstract p439.

T. Tamachi, H. Nakajima, Y. Maezawa, K. Ikeda, M. Hatano, T. Tokuhisa, Y. Saito, I. Iwamoto. Role of IL-25 in allergic airway inflammation in mice. World Allergy Congress 2005 Abstract p5.

T. Tamachi, S-i. Kagami, Y. Maezawa, M. Hatano, T. Tokuhisa, I. Iwamoto, H. Nakajima. Enforced expression of IL-25 enhances allergic airway inflammation in mice. International Cytokine Society Conference 2005 Abstract p154. (Seoul)

国内学会発表

Iwamoto T, Dorschner JM, Jensen MA, Selvaraj S, Vsetecka D, Amin S, Makol A, Ernste FC, Osborn T, Moder K, Chowdhary VR, Mezzano V, Izmirly P, Belmont M, Clancy RM, Buyon JP, Wu M, Loomis CA, Nakajima H, Niewold TB. (2019) Serum High Type I Interferon is Associated with Active Proliferative Lupus Nephritis in Lupus Patients Accompanied with High Interferon Signature Gene Expression and Plasmacytoid Dendritic Cell Infiltration in Lupus Nephritis Kidney and Leads to Podocyte Damage. 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会

Oya Y, Futami H, Nakazawa T, Matsumura R, Nakajima H, Shevach E (2019) Antigen-specific Foxp3+ Tregs suppress cognate antigen response but not suppress non-cognate antigen response. 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会

Suga K, Nishiwaki A, Toda Y, Yabe Y, Nakamura T, Kashiwakuma D, Kagami S. (2019) Cytomegalovirus infection during immunosuppressive therapy for rheumatic disease. 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会

杉山隆広、西村 望、古田俊介、池田 啓、杉山隆夫、中島裕史 (2019) 成人発症スティル病患者の臨床的特徴の検討 第63回日本リウマチ学会総会・学術学会

高林克日己、安藤文彦、鈴木隆弘、池田 啓、中島裕史、花岡英紀 (2019) NDBデータ解析に寄る分子標的薬継続率の相互比較 第63回日本リウマチ学会総会・学術学会

加藤愛美、池田 啓、影山貴弘、粕谷忠道、熊谷崇、古矢裕樹、古田俊介、玉地智宏、須藤 明、鈴木浩太郎、中島裕史 (2019) トファシチニブを含めた集学的治療により救命し得た、治療抵抗性間質性肺炎・縦隔気腫を伴う抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎の一例 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会

山形美絵子, 池田 啓, 伊藤 崇, 川島広稔, 柏熊大輔, 加々美新一郎, 岩本逸夫, 中込大樹, 杉山隆夫, 古田俊介, David Jayne, 中島裕史 (2019) 顕微鏡的多発血管炎患者における胸部CT上の多彩な肺病変の寛解導入療法に対する治療反応性および治療内容 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会

池田 啓、松本悠希、杉山隆広、加藤愛美、粕谷忠道、熊谷 崇、鈴木一正、古矢裕樹、福田匡志、策 愛子、牧田荘平、伊藤 崇、山形美絵子、古田俊介、中島裕史 (2019) 新規自動解析ソフトウェアによる関節リウマチの関節エコー滑膜炎評価の精度検証 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会

福田匡志、鈴木浩太郎、田中 繁、鈴木一正、岩田有史、古田俊介、玉地智宏、池田 啓、前澤裕子、須藤 明、中島裕史 (2019) ポドサイトに発現するsuppressor of cytokine signaling 3(SOCS3)はイミキモド誘発性ループスにおける糸球体腎炎を抑制する 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会

田中 繁、池田 啓、山形 美絵子、眞山快枝、加々美新一郎、海辺剛史、松村竜太郎、杉山隆夫、縄田泰史、中島裕史 (2019) 関節リウマチに対するアバタセプトの薬効予測 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会

玉地智宏、中村海人、策愛子、岩田有史、前澤裕子、國井直樹、新見理恵、大久保倫代、廣瀬晃一、中島裕史、 (2019) 喉頭内視鏡検査で皮膚症状に乏しいアナフィラキシーをきたしフタラールの皮膚試験が診断に有用であった1例 第1回日本アレルギー学会関東地方会

Oya Y, Matsumura R, Nakajima H, Shevach E (2018) Generation of antigen-specific Foxp3+ CD4+ induced Treg 第67会日本アレルギー学会学術大会

河野健太、廣瀬晃一、牧田荘平、影山貴弘、玉地智宏、須藤 明、中島裕史 (2018) 食物アレルギーにおけるIL-21の役割の検討 第67会日本アレルギー学会学術大会

牧田荘平、高取宏昌、中島裕史 (2018) T-betはStat6非依存的にTh9細胞分化を阻害する 第67会日本アレルギー学会学術大会

策 愛子、廣瀬晃一、伊藤 崇、佐藤 隆、後藤義幸、清野 宏、中島裕史 (2018) Fut2は気道上皮フコシル化を誘導しアレルギー性気道炎症を増悪させる 第67会日本アレルギー学会学術大会

上原悠治,玉地智宏,策愛子,影山貴弘,岩田有史,鈴木浩太郎,廣瀬晃一,中島裕史(2018) コーヒー(green coffee bean GCB))焙煎によるI型アレルギーの1例 第67回日本アレルギー学会学術大会

伊藤崇、廣瀬晃一、中島裕史 (2018) IL-22によるアレルギー性気道炎症抑制機構 第67回日本アレルギー学会学術大会

中込大樹, 池田 啓, 小林 惠, 花井俊一朗, 髙 伶, 山形美絵子, 古田俊介, 中島裕史, 北村 健一郎 (2018) 関節超音波による滑膜炎罹患関節部位と全身性炎症マーカーの関連 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会

小林 惠, 中込大樹, 花井俊一朗, 山形美絵子, 杉山隆夫, 川島広稔, 平栗雅樹, 粕谷忠道, 古田俊介, 池田 啓, 中島裕史, 北村健一郎 (2018) ANCA関連肥厚性硬膜炎に対するリツキシマブの有効性 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会

山形美絵子, 池田 啓, 伊藤 崇, 川島広稔, 柏熊大輔, 加々美新一郎, 岩本逸夫, 中込大樹, 杉山隆夫, 古田俊介, David Jayne, 中島裕史 (2018) 顕微鏡的多発血管炎の患者群と対照群(健常者)の胸部CT上の肺病変の比較 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会

藤井 博, 玉井慎美, 吉田美咲, 鈴木信博, 高橋芳徳, 竹治明梨, 堀田成人, 藤澤雄平, 柘植俊介, 松永貴弘, 蔵島 乾, 額 裕海, 原 怜史, 谷 悠紀子, 鈴木康倫, 伊藤清亮, 水島伊知郎, 山田和徳, 中﨑 聡, 川尻真也, 池田 啓, 中島裕史, 川上 純, 川野充弘 (2018) 環境要素および併存疾患が血清IgG4及びIgG4関連疾患に与える影響について 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会

柘植俊介, 藤井 博, 高橋芳徳, 竹治明梨, 堀田成人, 藤澤雄平, 松永貴弘, 蔵島 乾, 額 裕海, 原 怜史, 谷 悠紀子, 鈴木華恵, 鈴木康倫, 伊藤清亮, 水島伊知郎, 山田和徳, 中﨑 聡, 川尻真也, 池田 啓, 玉井慎美, 中島裕史, 川上 純, 川野充弘 (2018) 検診における関節エコーを用いた関節リウマチの早期診断の試み 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会

玉井慎美, 有馬和彦, 川尻真也, 青柳 潔, 藤井 博, 山田和徳, 川野充弘, 池田 啓, 中島裕史, 川上 純 (2018) 住民健康診査におけるリウマチ検診の取り組み:第3報 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会

熊谷 崇, 粕谷忠道, 加藤愛美, 古田俊介, 池田 啓, 鈴木浩太郎, 中島裕史 (2018) 潰瘍性大腸炎が先行し診断に時間を要した高安動脈炎の3例 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会

影山貴弘、古田俊介、池田啓、加々美新一郎、杉山隆夫、海辺剛史、渡邊紀彦、中島裕史 (2018) 自己免疫疾患患者におけるニューモシスチス肺炎の予後の検討 第62回リウマチ学会総会・学術集会

牧田荘平、高取宏昌、中島裕史 (2018) CD4+ T細胞における転写因子Heliosの新規発現制御機構第62回日本リウマチ学会総会・学術集会

Fukuta M, Suzuki K, Suzuki K, Nakajima H. (2018) Role of IKK2 in CD8+ T cells in contact hypersensitivity. The 47th Annual meeting of the Japanese Society for Immunology.

Tanaka S, Suto A, Kageyama T, Tamachi T, Suzuki K, Hirose K, Nakajima H. (2018) TCR-mediated Sox12 induction promotes peripherally induced Treg cell differentiation under inflammatory conditions. The 47th Annual meeting of the Japanese Society for Immunology.

田中繁 須藤明 中島裕史(2018) Sox12は腸炎マウスにおいて制御性T細胞分化を促進する 第5回ベーシックリサーチカンファランス

策 愛子、廣瀬晃一、伊藤 崇、佐藤 隆、後藤義幸、清野 宏、中島裕史 (2018) 気道上皮フコシル化はチリダニ誘導性アレルギー性気道炎症を増悪させる. 第83回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会

横山裕亮、玉地智弘、岩田有史、前沢裕子、目黒和行、横田雅也、高取宏昌、須藤明、鈴木浩太郎、廣瀬晃一、中島裕史(2017)CD4陽性T細胞に発現するA20はTh2型アレルギー性気道炎症を抑制する 第66回日本アレルギー学会学術大会

伊藤崇、廣瀬晃一、後藤義幸、清野宏、中島裕史 (2017) IL-22は気道上皮からのReg3γの産生を誘導し、チリダニ誘導性アレルギー性気道炎症を抑制する 第66回日本アレルギー学会学術集会

Kageyama T, Iwamoto T, Tanaka S, Suto A, Nakajima H. (2017) Role of IL-21 in the pathogenesis of autoimmune myositis. 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会

山形美絵子,池田 啓,伊藤 崇,川島広稔,柏熊大輔,加々美新一郎,岩本逸夫,中込大樹,杉山隆夫,古田俊介,David Jayne,中島裕史 (2017) 治療前の胸部CT所見による顕微鏡的多発血管炎の生命予後予測 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会

玉井慎美,有馬和彦,青柳 潔,藤井 博,山田和徳,川野充弘,池田 啓,中島裕史, 川上 純 (2017) 住民健康診査におけるリウマチ検診の試み 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会

古矢裕樹、宮地万紗、鈴木一正、中村海人、古田俊介、玉地智宏、池田啓、鈴木浩太郎、廣瀬晃一、中島裕史 (2017) 播種性NTM症によりSAPHO症候群様の症状を呈した抗IFNγ自己抗体陽性の 一例. 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会

粕谷 忠道、石川 雄一、藤原 道雄、北 靖彦(2017)全く異なる転帰を取った抗MDA(melanoma differentiation-associciated protein)5抗体陽性無症候性皮膚筋炎(clinically amyopathic dermatomyositis; cADM)の2例 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会

加藤愛美、熊谷崇、松木彩子、海辺剛志 (2017) 結節性多発動脈炎に合併した難治性皮膚潰瘍にアダリムマブが有効であった2例 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会

中村海人、柏熊大輔、中村隆之、加々美新一郎 (2017) 巨大後腹膜血腫を合併したclinically amyopathic dermatomyositisの一例. 第61回日本リウマチ学会 総会・学術集会

仁科 直、川口鎮司、川上 純、佐藤慎二、五野貴久、田村真麻、池田 啓、布川貴博、金子祐子、桑名正隆 (2017) 間質性肺炎を伴う多発性筋炎/皮膚筋炎における発症時期の地域性の検討 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会

五野貴久、川口鎮司、川上 純、佐藤慎二、田村真麻、池田 啓、布川貴博、金子祐子、仁科 直、桑名正隆 (2017) 日常診療で測定可能な血清バイオマーカーを用いた多発性筋炎/皮膚筋炎合併間質性肺炎の予後の層別化に関する検討 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会

佐藤慎二、仁科 直、川口鎮司、川上 純、田村真麻、池田 啓、布川貴博、金子祐子、五野貴久、桑名正隆(2017)間質性肺炎を併発した多発性筋炎/皮膚筋炎の予後不良予測因子の検討 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会(福岡)

三崎健太、池田 啓、井上兼史 (2017) 関節超音波を用いた健常者手関節正常血管分布と骨不整の検討 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会

Tamachi T, Yokoyama Y, Iwata A, Maezawa Y, Suto A, Suzuki K, Hirose K, Honda H, Nakajima H. (2017) A20 (Tnfaip3) expressed in T cells suppresses Th2 cell-mediated allergic airway inflammation in mice. The 46th Annual meeting of the Japanese Society for Immunology.

SAKU A, HIROSE K, ITO T, SATO T, GOTO Y, KIYONO H, NAKAJIMA H. (2017) Lung epithelial fucosylation promotes the development of house dust mite (HDM)-induced allergic airway inflammation. The 46th Annual meeting of the Japanese Society for Immunology.

Oya Y, Matsumura R, Nakajima H, Shevach E. (2017) Allo-specific Foxp3+ CD4+ induced Tregs (allo-iTreg) suppress specific-alloantigen, but not irrelevant alloantigen in vivo. The 46th Annual meeting of the Japanese Society for Immunology.

古矢裕樹、鈴木一正、彦坂健児、古田俊介、池田啓、中島裕史、野呂瀬一美 (2017) 全身性エリテマトーデス(SLE)再燃時に播種性トキソプラズマ症の診断に至った 一例. 第28回日本臨床寄生虫学会大会

古矢裕樹、鈴木惇也、古田俊介、池田啓、中島裕史 (2017) 既存の血管炎分類に該当しない好酸球増多を伴う中型血管炎の一例 第31回アレルギー好酸球研究会

Kageyama T, Iwamoto T, Suto A, Nakajima H (2016) IL-21 enhances the development of autoimmune myositis via the production of GM-CSF from γδT cells. 第45回日本免疫学会総会・学術集会

Ito T, Hriose K, Goto Y, Kiyono H, Nakajima H (2016) IL-22 inhibits house dust mite (HDM)-induced allergic airway inflammation through Reg3γ induction. 第45回日本免疫学会総会・学術集会

堺田惠美子,栗本遼太,江畑貴大,岩澤俊一郎,池田啓,勝野達郎,中島裕史,横須賀 收,中世古知昭,滝口裕一 (2016) インフリキシマブ短時間投与の前向き試験 第113回日本内科学会総会

加藤愛美、藤原道雄、北靖彦 (2016) 当科においてclinically amyopathic dermatomyositis(CADM)として治療を開始した皮膚筋炎6例の臨床的特徴 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会

古矢裕樹、平栗雅樹、柳沢孝夫 (2016) リツキシマブを含む各種治療に抵抗し死亡した難治性好酸球性多発血管炎製肉芽腫症EGPAの一例 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会

山形美絵子,池田 啓,伊藤 崇,古田俊介,中込大樹,杉山隆夫,川島広捻,柏熊大輔,加々美新一郎,岩本逸夫,David Jayne,中島裕史 (2016) 顕微鏡的多発血管炎患者における胸部CT錠の肺病変の治療反応性 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会

小林芳久,池田 啓,中村隆之,古田俊介,山形美絵子,田中 繁,中澤卓也,海辺剛志,中島裕史 (2016) 関節リウマチ患者における朝のこわばり評価の意義 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会

藤井博,額裕海,和田明梨,高橋芳徳,堀田成人,藤澤雄平,拓殖俊介,蔵嶋乾,原怜史,鈴木康倫,伊藤清亮,曾津元彦,濱野涼子,水島伊知郎,山田和徳,中崎 聡,川上 純,玉井慎美,中島裕史,池田 啓 (2016) 石川県の一般人口における血清IgG4値と疾患の関連についての検討 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会

玉井慎美,有馬和彦,青柳潔,藤井博,山田和徳,川野充弘,池田啓,中島裕史,川上純 (2016) 健診におけるリウマチ健診の試み 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会

高林克日己,池田啓,中島裕史 (2016) DPCデータCISAによる分子標的薬スイッチ例の薬剤別継続率の解析 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会

福田匡志,末廣健一,目黒和行,古田俊介,池田啓,廣瀬晃一,中島裕史 (2016) 脳生検を思考するも急性型中枢神経病変の鑑別に苦慮した不全型Behcet病の一例 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会

川島広稔, 中村隆之, 高橋健太郎, 目黒和行, 柏熊大輔, 吉田象二, 加々美新一郎, 岩本逸夫 (2016) 気管支喘息における慢性副鼻腔炎の解析 第65回日本アレルギー学会総会・学術集会

福田匡志,末廣健一,康有美,古田俊介,池田啓,廣瀬晃一,中島裕史(2016)カルタゲナー症候群に多発血管炎性肉芽腫症を合併した一例 第65回日本アレルギー学会総会・学術集会

松木彩子,高取宏昌,牧田荘平,玉地智宏,廣瀬晃一,中島裕史(2016)T-betはILC2によるIL-9産生を抑制し,IL-33誘導性気道炎症を制御する 第65回日本アレルギー学会総会・学術集会

玉地智宏、横田雅也、横山裕亮、前澤裕子、須藤明、鈴木浩太郎、廣瀬晃一、中島裕史(2016) 気道上皮細胞に発現するIκBNSのアレルギー性気道炎症における役割 第65回日本アレルギー学会総会・学術集会

高取宏昌,川島広捻,中島裕史(2016) 制御性T細胞におけるIkarosファミリー分子Heliosの発現機構とその役割 第44回日本臨床免疫学会

鈴木一正、柏熊大輔、中村隆之、田村元、鈴木良夫、加々美新一郎(2016)関節リウマチに合併した紫斑病性腎炎により急速進行性糸球体腎炎を発症した一例 第 27 回日本リウマチ学会 関東支部学術集会

鈴木惇也,古矢裕樹,宮地万紗,中村海人,古田俊介,池田 啓,廣瀬晃一,中島裕史(2016) 木村病を背景とした好酸球増多を伴う中型血管炎の一例 第26回日本小児リウマチ学会総会・学術集会

策愛子、末廣健一、牧田荘平、山形美絵子、古田俊介、池田啓、廣瀬晃一、中島裕史(2015) 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症における免疫抑制剤の再発予防効果 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会

横山裕亮、古田俊介、池田啓、廣瀬晃一、中島裕史(2015) 新規発症の皮膚筋炎・多発筋炎におけるタクロリムスの効果 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会

山形美絵子、池田啓、伊藤崇、柏熊大輔、岩本逸夫、中込大樹、杉山隆夫、古田俊介、David Jayne、中島裕史(2015) 胸部CTによる顕微鏡的多発血管炎における肺病変の網羅的解析 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会

伊藤崇、乗本綾子、廣瀬晃一、西城忍、岩倉洋一郎、中島裕史(2015) Dectin-1はCD11b陽性樹状細胞に発現し、チリダニ誘発性アレルギー性気道炎症を促進する 第64回日本アレルギー学会学術集会

策愛子、末廣健一、牧田荘平、山形美絵子、岩本太郎、古田俊介、池田啓、廣瀬晃一、中島裕史(2015) 加療中の好酸球性多発血管炎性肉芽腫症における喘息発作と血管炎再発の関連性 第64回日本アレルギー学会学術集会

川島広稔、高橋健太郎、柏熊大輔、吉田象二、加々美新一郎、岩本逸夫(2015) 気管支喘息発作入院患者における入院長期化リスク因子の検討 第64回日本アレルギー学会学術集会

ITO Takashi, NORIMOTO Ayako, HIROSE Koichi, SAIJO Shinobu, IWAKURA Yoichiro, NAKAJIMA Hiroshi(2015) Dectin-1 expressed on CD11b+ dendritic cells promotes house dust mite-induced allergic airway inflammation in mice 第44回日本免疫学会総会・学術集会

MEGURO Kazuyuki, SUZUKI Kotaro, HOSOKAWA Junichi, SUTO Akira, NAKAJIMA Hiroshi (2015) Roles of B Cell Leukemia/Lymphoma 3 in the Development of T Follicular Helper Cells and the Pathogenesis of Rheumatoid Arthritis 第44回日本免疫学会総会・学術集会

HOSOKAWA Junichi, SUZUKI Kotaro, MEGURO Kazuyuki, SUTO Akira, NAKAJIMA Hiroshi(2015) Roles of IkBNS in T Follicular Helper Cell Differentiation and Function 第44回日本免疫学会総会・学術集会

高取宏昌、川島広捻、中島裕史(2015) HeliosはFoxp3と協調して制御性T細胞の機能を増強する 第80回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会

岩本太郎、須藤明、田中繁、高取宏昌、鈴木浩太郎、中島裕史(2014) IL-21産生c-Maf陽性CD4陽性T細胞はCD8陽性T細胞の増殖を誘導しScurfyマウスの自己免疫性炎症を増悪させる 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会

影山貴弘、古田俊介、横山裕亮、伊藤崇、玉地智宏、池田啓、廣瀬晃一、中島裕史(2014) 好酸球性心内膜性心筋炎を合併した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の一例 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会

高橋健太郎、目黒和行、川島広稔、加々美新一郎、出原賢治、小野純也、岩本逸夫(2014) 気管支喘息におけるペリオスチン(PO)の役割の検討 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会

高取宏昌、川島広捻、眞山快枝、池田啓、中島裕史(2014) ヒトCD4+T細胞のサイトカイン発現制御におけるHeliosの役割 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会

岩本太郎、池田啓、細川淳一、山形美絵子、田中繁、乗本綾子、眞山快枝、中込大樹、高橋健太郎、廣瀬晃一、杉山隆夫、末石眞、中島裕史(2014) 臨床的寛解を達成した関節リウマチ患者での生物学的製剤中止後の再発予測における間接超音波検査の有用性 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会

加々美新一郎、眞山快枝、池田啓、柏熊大輔、古田俊介、岩本逸夫、中島裕史(2014) ARID5AはRORγtにより誘導されるTh17細胞分化を抑制する 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会

MEGURO Kazuyuki, SUZUKI Kotaro, HOSOKAWA Junichi, YOKOTA Masaya, TAKATORI Hiroaki,NAKAJIMA Hiroshi(2014) Role of tumor suppressor p53 in Tc17 differentiation 第43回日本免疫学会総会・学術集会

TANAKA Shigeru, SUTO Akira, IWAMOTO Taro, SUZUKI Kotaro, TAKATORI Hiroaki, TAMACHI Tomohiro, HIROSE Koichi, ONODERA Atsushi, SUZUKI Junpei, OHARA Osamu, YAMASHITA Masakatsu, NAKAYAMA Toshinori, NAKAJIMA Hiroshi(2014) Sox5 and c-Maf Cooperatively Induce Th17 Cell Differentiation via RORgt Induction as Downstream Targets of Stat3 第43回日本免疫学会総会・学術集会

IWAMOTO Taro, SUTO Akira, TANAKA Shigeru, TAKATORI Hiroaki,SUZUKI Kotaro, NAKAJIMA Hiroshi(2014) IL-21-producing c-Maf-expressing CD4+Tcells induce CD8+T cells and exacerbate autoimmune inflammation in scurfy mice 第43回日本免疫学会総会・学術集会

玉地智宏、古田俊介、大久保綾子、岩本太郎、眞山快枝、高取宏昌、池田啓、廣瀬晃一、渡邊紀彦、中島裕史(2014) 膠原病症例の骨粗鬆症を対象としたマンスリービスフォスフォネート(BP)製剤への切り替え効果 第111回日本内科学会総会

中込大樹、鈴木浩太郎、中島裕史 (2013) SOCS3 expressed in macrophages inhibits contact hypersensitivity by suppressing MMP-12 production 第42回 日本免疫学会学術集会

川島広稔、高取宏昌、鈴木浩太郎、岩田有史、横田雅也、須藤明、南野徹、廣瀬晃一、中島裕史(2013) Tumor suppressor p53 inhibits systemic autoimmune diseases by inducing regulatory T cells 第42回日本免疫学会学術集会

齊藤ゆかり、加々美新一郎、眞山快枝、池田啓、岩本逸夫、小原収、中島裕史(2013) AT-rich interactive domain-containing protein 5a functions as a negative regulator of RORγt-induced Th17 cell differentiation 第42回日本免疫学会 総会・学術集会

中込大樹、鈴木浩太郎、中島裕史 (2013) 接触過敏症におけるマスト細胞産生性IFN-γの役割 第63回日本アレルギー学会秋季学術大会

大久保綾子、廣瀬晃一、西城忍、岩倉洋一郎、中島裕史(2013) チリダニ誘発性アレルギー性気道炎症発症における真菌認識機構Dectin-2の役割 第63回日本アレルギー学会秋季学術大会

中込大樹、池田 啓、眞山快枝、小林芳久、神戸直智、松江弘之、中島裕史(2013) 超音波により滑膜病変の病勢評価を行った多中心性細網組織球症(Multicentric reticulohistiocytosis)の1例 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会

田中繁、池田啓、内山勝弘、岩本太郎、眞山快枝、大久保綾子、中込大樹、高橋健太郎、横田雅也、須藤明、鈴木浩太郎、中島裕史(2013) 多発筋炎/皮膚筋炎患者における[18F]FDG-PET/CTの診断および臨床評価における有用性の検討  第57回日本リウマチ学会総会・学術集会

伊藤崇、柏熊大輔、高橋健太郎、吉田象二、岩本逸夫(2013) 顕微鏡的多発血管炎の臨床像と治療内容の検討 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会

廣瀬晃一、豊留孝仁、亀井克彦、岩本逸夫、中島裕史(2013)スエヒロタケ( Schizophyllum commune)特異的IgE抗体測定ELISA法による喘息患者における感作率の検討 第25回日本アレルギー学会春季臨床大会

高取宏昌、細川淳一、石坂透、中島裕史(2013)FDG-PET/CTが病勢診断に有用であった炎症性大動脈瘤の1例 第25回日本アレルギー学会春期臨床大会

中込大樹、池田 啓、眞山快枝、小林芳久、丸 裕吾、高田紗奈美、神戸直智、松江弘之、中島裕史(2013) 超音波により滑膜病変の病勢評価を行った多中心性細網組織球症(Multicentric reticulohistiocytosis)の1例 第25回日本アレルギー学会春季臨床大会

岩本太郎、池田啓、中島裕史、菅正樹、熊野浩太郎、平栗雅樹、今枝太郎、原田大希、志賀康浩、奥怜子、中西加寿也(2013) 薬物及び機械的人工換気療法抵抗性の成人気管支喘息重積発作において体外膜型肺は有効な治療法である 第25回日本アレルギー学会春季臨床大会

田中繁、須藤明、池田啓、神戸直智、松江弘之、松村竜太郎、柏熊大輔、岩本逸夫、中島裕史(2013) 強皮症患者の血清マイクロRNAの発現とその役割 第25回 日本アレルギー学会春季臨床大会

田中繁、池田啓、内山勝弘、岩本太郎、眞山快枝、大久保綾子、中込大樹、高橋健太郎、横田雅也、須藤明、鈴木浩太郎、中島裕史(2013) 多発筋炎/皮膚筋炎患者における[18F]FDG-PET/CTの診断および臨床評価における有用性の検討 第25回日本アレルギー学会春季臨床大会

山形美絵子、眞山快枝、池田 啓、 廣瀬晃一、中島裕史(2013)当院におけるチャーグ・ストラウス症候群の臨床的検討 第25回日本アレルギー学会春季臨床大会

目黒和行、伊藤崇、柏熊大輔、古田俊介、横田雅也、高橋健太郎、吉田象二、 岩本逸夫(2013)
日本人成人喘息患者におけるAlternalia特異的IgE抗体と重症度の関係 第25回 日本アレルギー学会春季臨床大会

中込大樹、池田 啓、眞山快枝、小林芳久、丸 裕吾、高田紗奈美、神戸直智、松江弘之、中島裕史(2013) 超音波により滑膜病変の病勢評価を行った多中心性 細網組織球症(Multicentric reticulohistiocytosis)の1例 第112回日本皮膚科学会総会

中込大樹、池田 啓、眞山快枝、小林芳久、丸 裕吾、高田紗奈美、神戸直智、松江弘之、中島裕史(2013) 超音波により滑膜病変の病勢評価を行った多中心性細網組織球症(Multicentric reticulohistiocytosis)の1例 第74回 日本皮膚科学会山梨地方会

齊藤ゆかり、加々美新一郎、高取宏晶、須藤明、中島裕史(2012)濾包ヘルパーT(TFH)細胞の分化と機能発現におけるStat5aの役割 第62回日本アレルギー 学会秋季学術大会

高橋健太郎、美濃口健治、齋藤明美、森晶夫、梶原景一、三井千尋、谷本英則、福冨友馬、押方智也子、関谷潔史、粒来崇博、釣木澤尚美、中澤卓也、前田裕二、大友守、谷口正実、長谷川眞紀、秋山一男 (2012) 貝の食物アレルギーを伴った貝殻粉塵吸入による過敏性肺臓炎の一例 第24回日本アレルギー学会春季臨床大会

細川淳一、鈴木浩太郎、中込大樹、岩本太郎、池田啓、中島裕史 (2012) 中枢神経ループス患者における脳脊髄液中BAFF値の検討 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会

牧田荘平、鈴木快枝、池田啓、細川淳一、山形美絵子、岩本太郎、大久保綾子、小林芳久、中込大樹、渡邊紀彦、中島裕史 (2012) 全身性エリテマトーデスを合併した関節リウマチ3症例に対するアバタセプトの有効性の検討 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会

山形美絵子、廣瀬晃一、田中繁、中込大樹、 岩田有史、池田啓、須藤明、 加々美新一郎、中島裕史 (2012) 膠原病治療中に生じたノカルジア感染症の臨床的検討 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会

中込大樹、池田啓、細川淳一、山形美絵子、大久保綾子、岩本太郎、鈴木快枝、川島広稔、星野東明、高橋健太郎、若新英史、高取宏昌、鈴木浩太郎、高林克日己、中島裕史 (2012) 超音波滑膜評価による2010年ACR/EULAR関節リウマチ分類基準の精度の向上 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会

松村竜太郎、鈴木智、杉山隆夫、北靖彦、海辺剛志、中川典明、李泰鉉、池田啓、平栗雅樹、縄田泰史 (2012) 生物学的製剤使用中の関節リウマチ患者は経済面から生物学的製剤の費用、効果をどう評価しているか? 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会

中込大樹、牧田壮平、細川淳一、小林芳久、高田紗奈美、田島綾子、神戸直智、松江弘之、中島裕史 (2011) 視神経炎を合併したChurg-strauss症候群の2例 第70回日本皮膚科学会山梨地方会

鈴木浩太郎、中島裕史 (2011) 肥満細胞内Ca-IKK2シグナルの役割 第40回日本免疫学会総会・学術集会

中込大樹、鈴木浩太郎、横田雅也、岩田有史、高取宏昌、中島裕史 (2011) 肥満細胞内FceRIシグナルにおけるNF-kB1の役割 第40回日本免疫学会総会・学術集会

横田雅也、鈴木浩太郎、中込大樹、岩田有史、常世田好司、中山俊憲、上坂等、中島裕史 (2011) 多発性筋炎マウスモデルにおける肥満細胞の役割の解析 第40回日本免疫学会総会・学術集会

牧田荘平、細川淳一、山形美絵子、中込大樹、岩本太郎、池田啓、須藤明、鈴木浩太郎、渡邊紀彦、中島裕史 (2011) Calcineurin阻害剤によりreversible posterior leukoencephalopathy syndrome (RPLS)を呈した膠原病の2例 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会

高橋健太郎、廣瀬晃一、川島沙紀、丹羽祐輔、若新英史、岩田有史、小林芳久、常世田孝司、中山俊憲、谷口正実、秋山一男、中島裕史 (2011) IL-22は気道上皮細胞によるIL-25産生を抑制し、アレルギー性気道炎症を制御する 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会

加々美 新一郎、細川淳一、山形美絵子、高取宏昌、廣瀬晃一、中島裕史 (2011) IgG4関連涙腺腫脹症例におけるPGD2-CRTH2経路の役割の解析 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会

池田啓、瀬戸洋平、大野滋、坂本文彦、邉見美穂子、深江淳、成田明宏、中込大樹、谷村一秀、小池隆夫 (2011) 滑膜ドプラ血流測定に対する検者、機器、ならびにプローブの劣化の与える影響の検討 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会

松村竜太郎、池田啓、海辺剛志、杉山隆夫、縄田泰史 (2011) 生物学的製剤増量、変更 関節リウマチ患者はどう評価しているか? 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会

古田俊介、山形美絵子、松浦 功、柏熊大輔、岩本逸夫、吉田象二、鈴木快枝、池田 啓、加々美新一郎、中島裕史 (2011) DNAアレイ解析によるトシリズマブの関節リウマチに対する薬効予測 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会

松浦功、山形美絵子、柏熊大輔、古田俊介、池田啓、中島裕史、岩本逸夫、吉田象二 (2011) 関節リウマチ患者の骨代謝に対するトシリズマブの効果 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会

柏熊大輔、古田俊介、松浦功、池田啓、中島裕史、吉田象二、岩本逸夫 抗ds‐DNA抗体価のキット間における測定結果の乖離とSLE臨床指標の検討 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会

池田啓、瀬戸洋平、大野滋、坂本文彦、邉見美穂子、深江淳、成田明宏、中込大樹, 谷村一秀、小池隆夫 (2011) 滑膜ドプラ血流測定に対するPRF (Pulse Repetition Frequency)の与える影響の検討 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会

大久保綾子、岩本太郎、鈴木快枝、中込大樹、川島広稔、小林芳久、平松有希子、池田啓、渡邊紀彦、中島裕史 (2011) 全身性エリテマトーデスの治療中に腸管嚢腫様気腫症および気腫性膀胱炎を合併した一例 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会

中込大樹、池田啓、大久保綾子、岩本太郎、鈴木快枝、川島広稔、高橋健太郎、田中繁、若新英史、高取宏昌、鈴木浩太郎、高林克日己、中島裕史 (2011) ACR/EULAR分類基準における関節リウマチ分類における関節超音波検査併用の影響 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会

池田啓、川島広稔、高橋健太郎、平松有希子、横田雅也、岩田有史、柏熊大輔、若新英史、高取宏昌、須藤 明、加々美 新一郎、鈴木 浩太郎、廣瀬 晃一、渡辺 紀彦、中島 裕史 (2011) 膠原病ならびにリウマチ性疾患患者のQuality of Life調査 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会

加々美新一郎、齊藤ゆかり、川島沙紀、廣瀬晃一、中島裕史 (2011) IgG4関連涙腺腫脹症例におけるPGD2-CRTH2経路の役割 アレルギー好酸球研究会2011

中込大樹、鈴木浩太郎、中島裕史 (2011) 肥満細胞おけるNF-kB1の役割 アレルギー好酸球研究会2011

大久保綾子、中込大樹、池田啓、岩本太郎、廣瀬晃一、中島裕史 (2011) Nutcracker esophagus(NE)を合併した好酸球性食道炎の一例 第23回日本アレルギー学会春季臨床大会

横田雅也、須藤明、池田啓、鈴木浩太郎、渡邊紀彦、中島裕史 (2011) 気管支喘息患者のQOL調査 第23回日本アレルギー学会春季臨床大会

加々美新一郎、岩田有史、高取宏昌、中島裕史 (2011) 自己免疫性血小板減少性紫斑病に対してリツキシマブが有効であったIgG4関連疾患の1例 第23回日本アレルギー学会春季臨床大会

中込大樹、池田啓、大久保綾子、岩本太郎、鈴木快枝、高橋健太郎、中島裕史 (2011) 乾癬性関節炎における関節超音波の有用性 第68回日本皮膚科学会山梨地方会

林 彰子、増田 和司、今関 美智子、大久保 正人、池田 啓、仲佐 啓詳、中村 裕義、有吉 範高、中島 裕史、高林 克日己、北田 光一 (2010) 高用量ステロイド投与中の膠原病患者への ST合剤投与による副作用発現率と危険因子に関する研究. 第20回日本医療薬学会年会

Taro Iwamoto (2009) Post Procedural Surface Electrocardiogram P Terminal Force as a Predictor of Recurrence after Catheter Ablation for Persistent Atrial Fibrillation. The 74th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society in Kyoto

鈴木浩太郎、飯田和馬、横田雅也、川島広稔、中込大樹、高取宏昌、中島裕史 (2010) 肥満細胞のI型IFN応答におけるSTAT4の役割の解明 第60回日本アレルギー学会秋季学術大会

丹羽佑輔、川島沙紀、若新英史、岩田有史、高橋健太郎、池田啓、廣瀬晃一、中島裕史 (2010) 肺動脈リモデリングにおけるIL-25の働き 第60回日本アレルギー学会秋季学術大会

中込大樹、古賀俊輔、大久保綾子、岩本太郎、平松有希子、池田啓、須藤明、中島裕史 (2010) 両側視神経炎を合併したChurg-Strauss症候群の一例 第60回日本アレルギー学会秋季学術大会

池田 啓,中込大樹,高橋健太郎,平松有希子、柏熊大輔,須藤 明,廣瀬晃一,中島裕史 (2010) 関節リウマチの薬効評価における関節超音波の有用性 第54回日本リウマチ学会総会・学術集会

中込大樹、栗本遼太、川島広稔、小林芳久、横田雅也、高取宏昌、池田 啓、渡邉紀彦、中島裕史 (2010) 黄色爪症候群を合併した関節リウマチの1例 第54回日本リウマチ学会総会・学術集会

飯田 和馬、鈴木 浩太郎、若新 英史、横田 雅也、中込 大樹、川島 広稔、高取 宏昌、中島 裕史 (2010) 肥満細胞のI型IFN応答におけるSTAT4の役割の解明 アレルギー好酸球研究会

鈴木浩太郎,池田 啓,若新英史,加々美新一郎,廣瀬晃一,渡邊紀彦,中島裕史、古田 俊介、岩本逸夫 (2010)キャッスルマン病の合併が疑われ,トシリズマブが著効した関節リウマチの一例 第54回日本リウマチ学会総会・学術集会

栗本遼太、中込大樹、小林芳久、川島広稔、池田 啓、高取宏昌、須藤 明、 加々美新一郎、鈴木浩太郎、中島裕史 (2010) 18F-FDG-PETにて診断しえた皮膚/筋症状を伴わない好酸球性筋膜炎の1例 第54回日本リウマチ学会総会・学術集会

Taro Iwamoto (2009) The Assessement of Radial Arteries Used as a Access at Percutaneous Coronary Intervention by Optical Coherence Tomography. The 18th Annual Meeting of the Japanese Association of Cardiovascular Intervention and Therapeutics in Sapporo

Taro Iwamoto (2009) Pathological Assessment of Captured Materials by Filtrap TM Distal Protection Device after Aspiration Thrombectomy. The 73th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society in Osaka

T. Sato, N. Kambe, Y. Nakamura, K. Kabashima, A. Suto, H. Nakajima, H Matsue (2009) Mast cells in CAPS evoke skin rash by promoting Th17 differentiation through inflammasome activation. 第39回日本免疫学会総会・学術集会

E. Okubo, S. Tanaka, M. Sawaguchi, H. Nakajima, M. Satake, M. Kubo (2009) Runx1 is a critical gatekeeper that directs the Th1 and Th17 differentiation. 第39回日本免疫学会総会・学術集会

高取宏昌、中島裕史、O'Shea JJ. (2009) 脾臓 lymphoid tissue inducer (LTi) 様細胞は、IL-17とIL-22を産生する 第39回日本免疫学会総会・学術集会

D. Kashiwakuma, A. Suto, N. Watanabe, H. Nakajima (2009) BTLA suppresses immunoglobulin production through the modification of Tfh cell function 第39回日本免疫学会総会・学術集会

鈴木 浩太郎、中島裕史、Verma IM (2009) 肥満細胞におけるRel Aの役割 第39回日本免疫学会総会・学術集会

古田 俊介 , 芹澤 智行 , 藤代 洋子 , 吉田 象二 , 中島 裕史 , 岩本 逸夫気管支喘息におけるシクレソニドと他吸入ステロイドの有効性の比較検討 第59回日本アレルギー学会秋季学術大会

加々美新一郎、横田雅也、池田 啓、岩田有史、須藤 明、廣瀬晃一、渡邊紀彦、中島裕史 (2009) 高IgE血症、好酸球増多を伴ったIgG4関連疾患におけるT細胞分化の検討 第59回日本アレルギー学会秋季学術大会

池田 啓、若新英史、大矢佳寛、高取宏昌、須藤 明、加々美新一郎、鈴木浩太郎、廣瀬晃一、渡邊紀彦、岩本逸夫、中島裕史 (2009) 当院で治療したアレルギー性肉芽腫性血管炎の臨床的解析 第59回日本アレルギー学会秋季学術大会

松岡 歩、横田雅也、川島広稔、小林芳弘、平松有希子、池田 啓、加々美新一郎、廣瀬晃一、渡邊紀彦、中島裕史 (2009) 膠原病による蛋白漏出性胃腸症7症例の臨床的検討 第59回日本アレルギー学会秋季学術大会

鈴木浩太郎 (2009) アレルギー炎症における肥満細胞IKK2(IKKb)の役割 千葉大学グローバルCOEプログラムリトリート2009

佐藤貴史、神戸直智、松江弘之、池田 啓、中島裕史、中野泰至、下条直樹、河野陽一(2009) 若年性サルコイドーシスの親子例と超音波検査の有用性 第7回千葉小児膠原病懇話会

加々美新一郎、横田雅也、池田 啓、岩田有史、須藤 明、廣瀬晃一、渡邊紀彦、中島裕史(2009) 高IgE血症、好酸球増多を伴ったIgG4関連疾患におけるT細胞分化の検討 アレルギー好酸球研究会2009

高橋健太郎、平松有希子、池田 啓、横田雅也、須藤 明、加々美新一郎、廣瀬晃一、渡邊紀彦、桑原 聡、中島裕史(2009) 急性脳幹脳炎の発症により診断されたベーチェット病の2症例 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会

平松有希子、池田 啓、横田雅也、高橋健太郎、須藤 明、加々美新一郎、廣瀬晃一、渡邊紀彦、神戸直智、松江弘之、中島裕史(2009) エタネルセプト投与中に全身に多発する膿疱疹を来した関節リウマチの一例 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会

池田 啓,高橋健太郎,平松有希子,横田雅也,須藤 明,加々美新一郎,廣瀬晃一,渡邊紀彦,中島裕史(2009)多発筋炎/皮膚筋炎に対するタクロリムスの有効性 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会

横田雅也、加々美新一郎、池田啓、岩田有史、大矢佳寛、須藤明、廣瀬晃一、渡邊紀彦、中村洋介、山本修一、岡本美孝、中島裕史(2009) 当院で経験したIgG4関連疾患7例の検討 第106回日本内科学会総会・講演会

柏熊大輔、須藤明、岩本逸夫、中島裕史 (2008) CD4陽性T細胞におけるIL-21産生制御機構 第38回日本免疫学会総会

加々美新一郎、大和田高義、須藤明、廣瀬晃一、渡辺紀彦、中島裕史 (2008) Th17細胞及びFoxP3陽性細胞分化に対するHMG-CoA還元酵素阻害剤の作用 第38回日本免疫学会総会・学術集会

岩田有史、渡邊紀彦、大和田高義、大矢佳寛、須藤明、加々美新一郎、廣瀬晃一、中山俊憲、中島裕史 (2008) NKT細胞におけるBTLAの役割 第38回日本免疫学会総会

若新英史、廣瀬晃一、池田啓、須藤明、渡邊紀彦、加々美新一郎、岩本逸夫、中島裕史 (2008) 抗原誘発性気道炎症におけるIL-23/Th17細胞経路の役割 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会

細川淳一、高橋健太郎、池田啓、平松有希子、横田雅也、木原真紀、渡邊紀彦、中島裕史 (2008) 不妊治療を契機に卵巣過剰刺激症候群類似の症状で再燃した全身性エリテマトーデスの一例 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会

廣瀬晃一、若新英史、池田啓、須藤明、加々美新一郎、渡邊紀彦、中島裕史 (2008) アレルギー性気道炎症に対するIκB特異的ユビキチン化阻害剤の効果の検討 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会

芹沢智行、平松有希子、岩田有史、須藤明、平栗雅樹、中島裕史、岩本逸夫 (2008) 喘息患者の服薬状況に関するアンケート調査 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会

横田雅也、池田啓、高橋健太郎、平松有希子、須藤明、加々美新一郎、廣瀬晃一、渡邊紀彦、中島裕史、齋藤康 (2008) 血清所見と網羅的画像診断により病態を詳細に評価し得たRS3PE症候群の2症例 第52回日本リウマチ学会総会

池田啓、大矢佳寛、加々美新一郎、須藤明、廣瀬晃一、渡邊紀彦、中島裕史、齋藤康 (2008) シェーグレン症候群を合併する全身性エリテマトーデスの臨床的特徴 第52回日本リウマチ学会総会

高橋健太郎、池田啓、大矢佳寛、加々美新一郎、須藤明、廣瀬晃一、渡辺紀彦、中島裕史、齋藤康 (2008) 高齢発症全身性エリテマトーデス(SLE)の臨床的特徴 第105回日本内科学会総会

若新英史、廣瀬晃一、渡邊紀彦、加々美新一郎、幡野雅彦、岩本逸夫、岩倉洋一郎、徳久剛史、中島裕史、齋藤 康 (2007) 抗原誘発性気道炎症におけるIL-17およびIL-23の役割の解明 第37回日本免疫学会総会

古田俊介、加々美新一郎、須藤 明、廣瀬晃一、渡邊紀彦、岩本逸夫、中島裕史、齋藤 康 (2007) アレルギー性気道炎症におけるStat4とT-betの役割の解明 第37回日本免疫学会総会

玉地智宏、藤原道雄、高取宏昌、廣瀬晃一、須藤 明、加々美新一郎、渡邊紀彦、齋藤 康、岩本逸夫、中島裕史 (2007) T-betおよびSTAT6によるヘルパーT細胞分化制御機構の解明 第57回日本アレルギー学会総会

横田雅也、池田 啓、高橋健太郎、平松有希子、廣瀬晃一、渡邊紀彦、中島裕史、瀧澤史佳、齋藤 康 (2007) 関節リウマチの経過中、脳梗塞の発症を契機に高安動脈炎と診断された一例 第57回日本アレルギー学会総会

須藤明、大矢佳寛、加々美新一郎、廣瀬晃一、渡邊紀彦、中島裕史、齋藤康、平栗雅樹、芹沢智行、岩本逸夫 (2007) 高齢者喘息に対するHFA-BDPの有用性の検討 第19回アレルギー学会春季臨床大会

岩田有史、大矢佳寛、柏熊大輔、若新英史、古田俊介、徳政直起、藤原道雄、前澤裕子、廣瀬晃一、渡邊紀彦、須藤明、加々美新一郎、中島裕史、齋藤康 (2007) 男性SLE症例の臨床的特徴 第51回日本リウマチ学会総会

若新英史、柏熊大輔、徳政直起、前澤裕子、廣瀬晃一、渡邊紀彦、加々美新一郎、中島裕史、杉山隆夫、末石 眞、齋藤康 (2007) リウマチ学会消化管出血をきたした顕微鏡的多発血管炎(MPA)の3例 第51回日本リウマチ学会総会

大矢佳寛、前澤裕子、廣瀬晃一、加々美新一郎、渡辺紀彦、中島裕史、齋藤康 (2007) 膠原病における胃食道逆流症の簡易評価法の開発 第104回日本内科学会総会

徳政直起、廣瀬晃一、渡邊紀彦、齋藤康、須藤明、加々美新一郎、中島裕史 (2006) 樹状細胞におけるTyk2の発現はTh1細胞の分化誘導を促進する 第36回日本免疫学会総会

藤原道雄、高取宏昌、廣瀬晃一、渡邊紀彦、齋藤康、加々美新一郎、中島裕史、岩本逸夫 (2006) 抗原誘発性アレルギー性気道炎症におけるT-betの役割の解明 第36回日本免疫学会総会

藤原道雄、玉地智宏、廣瀬晃一、渡邊紀彦、齋藤康、加々美新一郎、中島裕史、岩本逸夫 (2006) 抗原特異的アレルギー性炎症におけるT-betの役割 第56回日本アレルギー学会総会

鈴木快枝、岩田有史、柏熊大輔、加々美新一郎、廣瀬晃一、渡邊紀彦、中島裕史、中川典明、齋藤康 (2006) サルコイド筋炎を合併した強皮症/原発性胆汁性肝硬変の一例 第56回日本アレルギー学会総会

古田俊介、玉地智宏、廣瀬晃一、加々美新一郎、渡邊紀彦、中島裕史、中川典明、齋藤康 (2006) 巨細胞性大動脈炎の治療経過中にサイトメガロウイルス胃潰瘍を合併した一例 第56回日本アレルギー学会総会

柏熊大輔、古田俊介、加々美新一郎、廣瀬晃一、渡邊紀彦、中島裕史、中川典明、齋藤康、杉山隆夫、末石眞 (2006) 間質性肺炎を合併したMPO-ANCA陽性強皮症の3例 第56回日本アレルギー学会総会

大矢佳寛、前澤裕子、廣瀬晃一、加々美新一郎、渡邊紀彦、中島裕史、中川典明、齋藤康 (2006) 膠原病および類縁疾患における胃食道逆流症の簡易検索 第50回日本リウマチ学会総会

若新英史、大矢佳寛、古田俊介、池田啓、渡邊紀彦、加々美新一郎、中島裕史、中川典明、亀井克彦、齋藤康 (2006) 治療経過中に急性肺コクシジオイデス症を発症したWegener肉芽腫症の一例 第50回日本リウマチ学会総会

前澤裕子、渡邊紀彦、齋藤康、加々美新一郎、中島裕史、岩本逸夫、井上純一郎 (2005) IL-25シグナル伝達におけるTRAF6の役割の解明 第35回日本免疫学会総会

大矢佳寛、渡邊紀彦、岸本充、石倉浩、中島裕史、岩本逸夫、齋藤康 (2005) BTLA欠損マウスにおける自己免疫性肝炎の発症 第35回日本免疫学会総会

大和田高義、渡邊紀彦、中島裕史、岩本逸夫、斉藤隆、齋藤康 (2005) BTLAはT細胞活性化に伴い細胞表面に移行し免疫シナプスに集積する 第35回日本免疫学会総会

瀬戸洋平、吉田象二、岩本逸夫、大矢佳寛、中島裕史、中川典明、齋藤康 (2005) 重症喘息のステロイド減量によりリウマチ性多発筋痛症(PMR)を発症した3例. 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会

大矢佳寛、渡辺紀彦、大木美衣、大和田高義、中島裕史、岩本逸夫、斎藤康 (2005) BTLAは自己免疫応答に対し抑制性に機能する. 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会

徳政直起、加々美新一郎、渡邊紀彦、中島裕史、中川典明、岩本逸夫、齋藤康 (2005) 40年来の両側耳介後部腫瘤を伴った木村病の一例. 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会

小島成浩、藤原道雄、池田 啓、加々美新一郎、中島裕史、中川典明、岩本逸夫、齋藤 康 (2005) FDG-PETにて早期に診断しえた巨細胞性動脈炎の一例 第49回日本リウマチ学会総会

池田 啓、加々美新一郎、大矢佳寛、藤原道雄、徳政直起、中島裕史、中川典明、岩本逸夫、齋藤 康、杉山隆夫、末石 眞 (2005) MPO-ANCA関連血管炎の臨床的解析 第49回日本リウマチ学会総会 p272.

大木美衣、渡邊紀彦、大矢佳寛、大和田高義、中島裕史、中川典明 、松村竜太郎、岩本逸夫、齋藤康 (2005) 自己免疫疾患患者におけるB and T Lymphocyte attenuator (BTLA) の遺伝子多型 日本内科学会