スタッフ紹介

ページタイトル画像

メンバー

スタッフ

中島裕史 (Hiroshi Nakajima, MD, PhD)

日本免疫学会 評議員

役職:医学研究院 アレルギー臨床免疫学 教授
   附属病院 アレルギー・膠原病内科 科長
出身:宮崎医科大学(現宮崎大学)医学部卒(昭和63年)
   千葉大学大学院修了(医学博士)
資格:日本アレルギー学会 アレルギー専門医・指導医
   日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医
   日本内科学会 総合内科専門医
趣味:美術館巡り、草野球

自己紹介:

自分が小児喘息に苦しんだため喘息に興味をもち、そして医師になってからは喘息の根幹である免疫に興味をもち、いつの間にか免疫学の奥深さにはまり、現在に至っています。大学院生の時に喘息モデルマウスを確立し、気道好酸球浸潤におけるIL-5の役割を明らかにする機会に恵まれましたが、そのときの興奮は今でもはっきり覚えています。それから25年がたった2016年、抗IL-5抗体が好酸球性重症喘息に臨床応用されました。とても嬉しく思うと同時に、あの時、特許をとっていれば研究費集めに四苦八苦せずにすんだかもしれないと先見性のなかった自分を残念に思ったりもします。不可抗力で病気になるアレルギー疾患や自己免疫疾患の患者さんを助けることはとてもやりがいがあり、私自身も診療を続けていますが、研究により、より多くの人を救う事を夢見るのも悪くないと思います。

鈴木浩太郎 (Kotaro Suzuki, MD, PhD)

役職:大学院医学研究院 アレルギー臨床免疫学 准教授
出身:千葉大学医学部卒(平成6年)
   千葉大学大学院修了(医学博士)
資格:日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医
   日本内科学会 認定内科医

自己紹介:

大学院の5年間、肥満細胞におけるSTATシグナルの役割を研究し、その後、アメリカ・ソーク研究所Verma博士の元で、5年間アレルギー性疾患発症におけるNF-kBシグナルの役割について研究してきました。 
現在興味があるのは、autoimmune inflammatory diseaseにおけるNF-kBシグナルの役割や膠原病治療における生物製剤の作用機序についてです。
今後はマウスモデルや人の検体を使ってのそれらの解析に従事したいと考えています。

須藤明 (Akira Suto, MD, PhD)

役職:大学院医学研究院 アレルギー臨床免疫学/グローバルプロミネント 准教授
出身:千葉大学医学部卒(平成7年)
   千葉大学大学院修了(医学博士)
資格:日本アレルギー学会 アレルギー専門医
   日本リウマチ学会 リウマチ専門医
   日本内科学会 総合内科専門医

自己紹介:

サイトカインIL-21に関する基礎研究が初期の主な研究テーマで、最近はIL-21と自己免疫性疾患との関わりについて研究する一方で、主にヘルパーT細胞分化の基礎的な研究を進めています。今後も基礎研究を主に、アレルギー・膠原病・自己免疫に関する臨床研究まで幅広く手がけていこうと考えています。
趣味:音楽を聞くこと。好きなのはRadiohead, Coldplay, Sting, Yes, Pink Floyd...etc. 3-4年前からダイエット目的に音楽を聴きながら、なんとか最低週1回は15-20kmのジョギング(を目標)。でもなぜか体重は減りません。
ペット:熱帯魚。(先日5-6年飼っていた白コリドラスを亡くし、新たにコリドラスパンダを飼い始めました。)

池田啓 (Kei Ikeda, MD, PhD)

役職:附属病院 アレルギー・膠原病内科 講師
出身:千葉大学医学部卒(平成9年)
   千葉大学大学院修了(医学博士)
資格:日本アレルギー学会 アレルギー専門医
   日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医
   日本内科学会 総合内科専門医

自己紹介:

海外での診療経験、臨床研究経験を活かし、リウマチ膠原病/アレルギー疾患の診療に実際に影響を与える研究成果、考え方を発信して行きたいと思います。また分子・細胞生物学の基礎研究経験を活かし、創薬、新規診断法のシーズとなるようなトランスレーショナルな研究成果を目指します。
趣味:旅行、テニス、ダイビング等。

古田俊介 (Shunsuke Furuta, MD, PhD)

役職:附属病院 臨床研究開発推進センター 特任講師
出身:千葉大学医学部卒(平成12年)
   千葉大学大学院修了(医学博士)
資格:日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医
   日本内科学会 認定内科医

自己紹介:

現在、臨床研究開発推進センターに出向中です。主に血管炎の臨床研究・臨床試験をやっています。趣味はサッカー、フットサルです。

岩田有史 (Arifumi Iwata, MD, PhD)

役職:附属病院 アレルギー・膠原病内科 助教
出身:千葉大学医学部卒(平成13年)
   千葉大学大学院修了(医学博士)
資格:日本内科学会 認定内科医

自己紹介:

アメリカで3年半、基礎免疫学・分子細胞生物学を学んできました。今後は臨床からの目線と基礎免疫学・分子細胞生物学からの目線を融合させて、研究を行っていきたいと考えています。

横田雅也 (Masaya Yokota, MD, PhD)

役職:附属病院 アレルギー・膠原病内科 助教
出身:旭川医科大学卒(平成15年)
   千葉大学大学院修了(医学博士)

資格:日本アレルギー学会 アレルギー専門医
   日本リウマチ学会 リウマチ専門医
   日本内科学会 認定内科医

自己紹介:

千葉県の医療に貢献するだけでなく、これまで培った診療、基礎研究の経験を生かして、アレルギー疾患、リウマチ・膠原病患者の治療に役立つ知見を発信していきたいと思います。

岩本太郎 (Taro Iwamoto, MD, PhD)

役職:附属病院 アレルギー・膠原病内科 総合医療教育研修センター 特任助教
出身:昭和大学医学部卒(平成17年)
   千葉大学大学院修了(医学博士)
資格:日本循環器学会 循環器専門医
   日本リウマチ学会 リウマチ専門医
   日本リウマチ学会 登録ソノグラファー
   日本内科学会 内科認定医

自己紹介:

免疫学の基礎研究経験と臨床医としての知識・経験を融合し、自己免疫疾患の新規診断・治療法に繋がるようなtranslational researchを行っていきたいと考えています。

田中繁 (Shigeru Tanaka, MD, PhD)

役職:附属病院 アレルギー・膠原病内科 助教
出身:千葉大学医学部卒(平成18年)
   千葉大学大学院修了(医学博士)
資格:日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医
   日本内科学会 総合内科専門医

自己紹介:

診療と基礎研究の双方で培った知識や経験を生かして、アレルギー・膠原病疾患に対する新しい治療法を提案するべく努力しています。

医員

前澤裕子(Yuko Maezawa, MD, PhD)

自己紹介:

研究留学、育児を経て平成25年秋より復職しました。趣味は音楽、ガーデニングです。

牧田荘平(Sohei Makita, MD, PhD)

自己紹介:

平成21年に千葉大学医学部卒業、初期研修は川崎市立川崎病院、3年目は千葉大学医学部附属病院シニアレジデント、4-5年目は成田赤十字病院に勤務、平成26年に大学院に入学しました。臨床・研究を両立して頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

末廣健一(Kenichi Suehiro, MD)

自己紹介:

平成22年に千葉大学医学部を卒業しました。初期研修から3年目まで松戸市立病院、4年目は横浜労災病院に勤務し、様々な経験をさせて頂きました。臨床と研究を通じて、より多くの知識、経験を積んでいきたいと思います。よろしくお願いします。

福田匡志(Masashi Fukuta, MD)

自己紹介:

平成23年に千葉大学医学部を卒業し、現在は研究のみならず外来も担当しております。自己免疫疾患はさまざまな形態にて発症し、多様な症状をとります。日々勉学ですが、それでも同様の症例はなく、免疫の奥深さを感じます。大学では稀少な疾患を幅広く勉強することができ、症例も豊富です。アレルギー膠原病に興味のある方は是非一度お立ち寄りください。

鈴木一正(Kazumasa Suzuki, MD, PhD)

自己紹介:

平成24年に千葉大学医学部を卒業し、初期研修を国保君津中央病院、千葉大学医学部附属病院にて行いました。医師3,4年目の後期研修を松戸市立病院で行いました。平成28年度は国保旭中央病院に勤務した後、千葉大学医学部附属病院アレルギー膠原病内科にてシニアレジデントとして勤務し、平成29年度より研究を開始する予定です。 環境がかわっても、精一杯頑張っていきたいと思います。

特任教員

廣瀬晃一 (Koichi Hirose, MD, PhD)

役職:医学研究院 アレルギー臨床免疫学 特任教授
   国際医療福祉大学 教授
出身:千葉大学医学部卒(平成5年)
   千葉大学大学院修了(医学博士)
資格:日本アレルギー学会 アレルギー専門医・指導医
   日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医
   日本内科学会 内科認定医

高取宏昌 (Hiroaki Takatori, MD, PhD)

役職:医学研究院 アレルギー臨床免疫学 特任講師
   浜松医療センター リウマチ科医長
出身:三重大学医学部卒(平成9年)
   千葉大学大学院修了(医学博士)
資格:日本アレルギー学会 専門医
   日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医
   日本内科学会 総合内科専門医

玉地智宏 (Tomohiro Tamachi, MD, PhD)

役職:医学研究院 アレルギー臨床免疫学 特任講師
   千葉労災病院 アレルギー・膠原病内科部長
出身:金沢大学医学部卒(平成10年)
   千葉大学大学院修了(医学博士)
資格:日本アレルギー学会 専門医・指導医
   日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医
   日本内科学会 総合内科専門医

大学院博士課程・研究生・後期研修医

<大学院博士課程>
中村海人(Kaito Nakamura, MD)
自己紹介:

平成24年に東北大学医学部を卒業し、初期研修は太田西ノ内病院(福島県)で行いました。その後、松戸市立病院、千葉大学医学部附属病院、旭中央病院で後期研修を行い研鑽を積みました。引き続き臨床に携わりつつも、大学院では免疫学の発展に寄与しうるような研究ができるように、日々精進したいと思います。

古矢裕樹(Hiroki Furuya, MD)
自己紹介:

平成24年に千葉大学医学部医学科を卒業し、以後千葉市立青葉病院、千葉大学医学部附属病院にて初期研修を終え、医師3,4年目を成田赤十字病院にて過ごしました。臨床医、研究医として成長できるように尽力して参ります。

粕谷忠道(Tadamichi Kasuya, MD)
自己紹介:

平成25年に千葉大学医学部を卒業し、初期研修を松戸市立病院で行いました。その後同院で1年間、横浜労災病院で1年間研鑽を積みました。今後は臨床だけでなく研究にも積極的に取り組み、免疫学の発展に寄与できるよう努めて参ります。

加藤愛美(Manami Kato, MD)
自己紹介:

平成25年に千葉大学医学部を卒業しました。千葉市立青葉病院で2年間の初期研修を行い、後期研修は横浜労災病院と松戸市立病院で経験を積み、以後大学病院で勤務しています。関節炎・付着部炎に関する研究を行っています。

熊谷崇(Takashi Kumagai, MD)
自己紹介:

平成25年に千葉大学医学部医学科を卒業し、成田赤十字病院にて2年間の初期研修を行いました。以後、千葉市立青葉病院、松戸市立病院で内科医として勤務しました。今後、臨床能力をさらに向上させるとともに研究を通じて多くのことを学び、医療に貢献していきたいと考えています。

飯田和馬(Kazuma Iida, MD)
自己紹介:

千葉大学卒業後、初期研修医は済生会習志野病院、3~4年目は後期研修医として成田赤十字病院で働きました。千葉大学の大学院に入学し、今年は1年間病棟を見ながら研究や英語の勉強をしていきたいと考えています。リーディング大学院に所属しています。

西村望(Nozomi Nishimura, MD)
自己紹介:

平成26年に秋田大学を卒業し、生まれ育った千葉に帰ってきました。初期研修を松戸市立病院で行い、その後後期研修医として2年間千葉市立青葉病院で勤務させていただきました。今後は大学病院にてより専門的な知識を身につけていきたいと考えています。

杉山隆広(Takahiro Sugiyama, MD)
自己紹介:

平成26年に千葉大学医学部を卒業し、以後4年間千葉県済生会習志野病院で初期・後期研修を行い、今年度は千葉大学医学部付属病院の病棟を担当致します。臨床及び研究から多くのことを学んでいきたいと思います。

須賀謙介(Kensuke Suga, MD)
自己紹介:

平成26年に千葉大学医学部を卒業し、以後4年間国立国際医療研究センター病院で初期・後期研修を行いました。医師5年目は旭中央病院で研修を行い、多くの症例を経験させて頂きました。今年度から大学院での研究生活となりますが、研究生活を通して自らの視野を拡げ、今後の医療に貢献できるよう精一杯頑張りたいと思います。

三村典裕(Norihiro Mimura, MD)
自己紹介:

平成26年に千葉大学卒業後、千葉メディカルセンター、成田赤十字病院、済生会習志野病院などで臨床研修を行いました。大学院ではSLEを中心に基礎、臨床研究をしています。

正田純平(Jumpei Shoda, MD)
自己紹介:

平成26年に千葉大学医学部を卒業し、君津中央病院で初期研修を行いました。以降、国立千葉医療センター、船橋市立医療センター、船橋中央病院で整形外科後期研修を行い、多くの症例を経験させて頂きました。今年度から大学院に所属し、アレルギー臨床免疫学教室にてリウマチを中心に研究させていただきます。今後の医療に貢献できるよう精進していきますのでよろしくお願い致します。

宮地万紗

済生会習志野病院出張中

石川絢一(Junichi Ishikawa, MD)
自己紹介:

現在、臨床ではアレルギー・膠原病診療の奥深さを日々楽しみながら学ばせていただいております。これからは免疫学の研究の奥深さについても充分に学び、いずれはtranslational researchで医療・社会に貢献できるよう日々研鑽を重ねていきたいと思います。

服部古都(Koto Hattori, MD)
自己紹介:

平成27年に琉球大学を卒業後、国保旭中央病院で初期研修を行いました。以後同病院、横浜労災病院で3,4年目を過ごしました。臨床、研究の両面において多くを学び、貢献できるよう努力して参ります。

矢部遥子 (Yoko Yabe, MD)
自己紹介:

平成29年度より旭中央病院にてシニアレジデントとして様々な症例を経験しました。平成31年度からは千葉大学医学部附属病院で勤務致しますが、より一層知見を深められるよう努力したいと思います。よろしくお願いいたします。

<研究生>
中村隆之
久保田暁彦
<後期研修医>
小島祥太郎

国保松戸市立病院

鈴木惇也

国保松戸市立病院

戸田陽介

国保旭中央病院

阿部和也

国保松戸市立病院

餌取慶史

国保旭中央病院

金井瑞希

国保松戸市立病院

栗原俊二郎

千葉市立青葉病院

山本託矢

札幌市立病院

技術補佐員

根本和美
前谷麻里
吉野真帆
山崎あずさ

留学中

目黒和行 (Kazuyuki Meguro, MD, PhD)

Laboratory of Host Defenses, NIAID, NIH

伊藤崇 (Takashi Ito, MD, PhD)

国立研究開発法人理化学研究所 統合生命医科学研究センター

影山貴弘 (Takahiro Kageyama, MD, PhD)

Department of Microbiology and Immunology, University of Illinois at Chicago

策愛子 (Aiko Saku, MD, PhD)

浜松医科大学 呼吸内科

連携スタッフ

花岡英紀

千葉大学医学部附属病院 臨床試験部

若新英史

千葉大学大学院医学研究院 薬理学教室

非常勤講師

岩本逸夫

国保旭中央病院アレルギー・リウマチセンター

末石眞

国立病院機構下志津病院

高林克日己

三和病院

柳沢孝夫

成田赤十字病院

縄田泰史

千葉県済生会習志野病院 リウマチ膠原病センター

住田孝之

筑波大学大学院 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻 臨床免疫学

杉山隆夫

国立病院機構下志津病院

松村竜太郎

国立病院機構千葉東病院 臨床研究センター

瀧澤史佳

医療法人社団誠馨会 千葉メディカルセンター

倉沢和宏

獨協医科大学 医学部 リウマチ・膠原病内科

北靖彦

横浜労災病院 リウマチ科・膠原病内科

海辺剛志

国保松戸市立病院 リウマチ膠原病センター

平栗雅樹

成田赤十字病院 リウマチ・アレルギー内科

渡邊紀彦

千葉県済生会習志野病院 リウマチ膠原病センター

加々美新一郎

国保旭中央病院アレルギー・リウマチセンター